ウィチョールビーズ

メキシコの民芸品店でよく見かけるのがビーズの小物。メキシコ先住民のウィチョール族が作る「ウィチョールビーズ」の芸術性の高さには目を見張るものがあります。

ウィチョール族の住むメキシコ山間部は高地ということもあり、スペイン侵略から逃れることができた数少ないメキシコ・インディアンです。そのため古代から続く文化を現代に至るまで継承し続けています。

彼らの生み出す「ウィチョールビーズ」には、太陽や雨、土地や動植物などの自然の精霊を神とする信仰が込められていて、それらはアメリカンインディアンやアボリジニに共通します。

今では「ウィチョールビーズ」はその高い技術を評価され、工芸品の域に達していますが、メキシコの各地で、ビーズを使った小物やアクセサリーが売られています。どれもルーツは「ウィチョールビーズ」で、丁寧にひとつひとつ手作業で作られています。

おすすめは小さな小銭入れと、動物をあしらったキーホルダーです。ファスナー付の小銭入れ(日本円で100円程度)は裏地もついていて丈夫です。キーホルダー(80円程度)はモチーフは大き目ですが軽いのでかさばらず、絶対になくしたくない金庫などの小さな鍵につけておくと便利です。

■ウィチョールビーズの小物
購入可能場所:メキシコ内の民芸品店など

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。