パタゴニアを代表する気高い山

 

 

アルゼンチンパタゴニアのハイライトの一つと言えるのが、名峰と名高いフィッツロイ山(標高3359m)でしょう。麓の街、エル・チャルテンに宿をとり、空が晴れていることを見計らって出発です。

幼児も歩ける、快適登山道

 

 

町の中心部から徒歩20分ほどで、フィッツ・ロイが見える展望台に続く登山道の入口に到着。簡単なハイキングの格好で、私たちは子連れプチ登山です。が、道は歩きやすく整備されていて、3歳児でも難なく進めます。ところどころ小川があったり、少し急な段もあるけれど問題ありません。山々に咲き乱れる可愛い野花を眺めながら、楽しく歩きすすめられます。

なかなか見えない名峰

 

 

さて肝心のフィッツロイと言う山は、山脈の奥まっている部分にあるため、手間の小山に隠れてしばらくは見えません。なので、小山(といっても近くで見るとかなりそそり立ってて大きいんだけど)の周りをぐるぐるとゆるやかに上って行くと、展望台に出るという感じです。

かれこれ2時間近く山歩きをしたところで、ようやく、登山道の分岐点を示す看板に出会いました。カプリ湖へ向かう道と、展望スポットへ向かう道。私たちは近い展望スポットコースを選択。するとそこから10分ほどで到着!ですが…

山の天気は変わりやすい

なんと、麓は青空だったのに、麓からは見えなかった厚い雲が、フィッツロイの山腹から頂上をすっぽり覆っているのでありました…。見えたのは足元を覆う白い氷河のみ。フィッツロイは全く見えませんでした!雲が晴れるのを待って1時間ほどその場で粘りましたが、ダメでした。

できればさらに前進し一泊したい

多くの人は、そこからさらに2時間ほど進んだところにある、本来のフィッツロイ展望スポットを目指します。そこには山小屋があり、多くの人はそこで寝泊まりして、夕日と朝日のフィッツロイを拝むのだそうです。

ところで私たちは、街に着いたあたりで振り向くと背後にカッコいいフィッツロイの姿が現れました!もう少しタイミングがずれていたら、展望スポットからフィッツロイを間近に見られたのに…と思うと残念ですが、街で名峰を見ながらビールで疲れを癒すという経験も最高でしたよ。

■エル・チャルテン
住所:El Chalten,Santa Cruz, Argentina
アクセス:カラファテ空港からバスで4時間(片道 $120 )
URL:http://www.guiachalten.com.ar/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。