北欧家具ブランドのファブリックグッズ「Artek」

Artek ポットホルダー

Artek ポットホルダー

Artek(アルテック)は1935年にアルヴァ・アアルトが妻のアイノ・アアルトらと設立した家具メーカー。昨年80周年を迎えた代表作の3脚スツールや、テーブル、チェアなどシンプルなフォルムに北欧らしさを感じます。映画「かもめ食堂」でも家具が使われていましたね。

ヘルシンキの中心部、エスプラナーディ公園通りにartekの路面店があり、家具をはじめ生活雑貨やファブリックが販売されています。家具は持ち帰るのもちょっと大変かもしれませんが、組み立て式のスツールなら頑張れば持って帰れると思います。家具だけでなくテキスタイルも人気。グッズもいろいろあるのでおみやげにおすすめです。

写真は「SIENA」柄のポットホルダー。「SIENA」は1954年にアルヴァ・アアルトがデザインしたテキスタイル。よく見ると不規則な長方形が並びます。写真の黒のほかに青、赤、黄色があります。ポットホルダーだけでなくランチョンマットやエプロン、エコバッグ、ペーパーナプキン、ファブリックなども。かさばらない生活雑貨ならおみやげにも買ってきやすいと思います。ほかに、「H55」というテキスタイルも素敵ですよ。

■Artek
住所:Eteläesplanadi 18, Helsinki 00100, Finland
公式HP:http://www.artek.fi/

※上記データは記事公開時点のものです。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。