alt

豚肉を細かく刻んだものをしょう油とビネガー、唐辛子で味付けしたフィリピンを代表する料理「シシグ」

フィリピン料理ってどんなもの?その特徴とは?

焼きそばやお粥があるかと思えば、トマトベースの煮込み料理やソーセージなどもメニューに並ぶのがフィリピン料理の面白いところ。これは古くから交易のあった中国、スペイン植民地時代の影響によるものです。タイやマレーシア料理のようにスパイスを多用することが少ないため、味付けは単調。極端に甘いか酸っぱいものが多いと感じるかもしれません。

食卓やレストランには必ずといっていいほど、しょう油、お酢、カラマンシーと呼ばれるすだちのような果物が調味料として並びます。ポン酢に親しみのある我々にとって、この組み合わせは少し親近感を覚えるかも!? 右手にスプーン、左手にフォークを持っていただくのがフィリピンスタイル。

カレンデリアと呼ばれる簡易食堂では、フィリピン家庭料理が50~100ペソ(約115~230円)程度と安価なものの、他の東南アジアの国々で楽しめるような屋台料理は期待することができないのが実情。とはいえ高級レストランへ足を運べば、洗練された味わいのフィリピン料理も楽しむことができます。一食分が1500~2000円程度で済むのもうれしいところ。今回は旅行中におさえておきたい料理をご紹介します。
alt

フィリピン料理はフードコートなどでも味わうことができます。手前:オックステールと野菜をピーナッツソースで煮込んだ「カレカレ」


これだけは押さえたい!おすすめフィリピン料理ベスト10

海に囲まれているから魚介類を多く食べるのかと思いきや、フィリピン人はお肉が大好き! 魚介類よりもお肉を食べる頻度の方が高いかもしれません。「baboy(豚肉)、baka(牛肉)、manok(鳥肉)、bangus(バングース/白身魚)」といったフィリピン語を覚えたら、さぁ料理を注文してみましょう。

Lechon(レチョン)……パリパリと香ばしい皮と、ジューシーな豚肉の食感のコントラストが楽しめる子豚の丸焼き。甘いソースをつけていただきます。祝賀行事の際にはレチョンがないと始まらないというほどフィリピンの行事に結びついた食べ物ですが、レストランやフードコートでも味わうことができます。フィリピン各地にはその土地ならではのレチョンがあるため、色々と試してみたいものです。

Crispy Pata(クリスピー・パタ)……豚足を揚げたもの。しょう油とビネガーのタレにつけて食べます。ご飯のおかずとして、ビールのおつまみとしても!

Chicken Inasal(チキン・イナサル)
…… イナサルというのは、マリネ液に浸して炭火で焼き上げるという調理方法のこと。チキンが最も有名ですが、豚肉の炭火焼「Liempo(リエンポ)」も人気です。全国展開している「Mang Inasal(マング・イナサル)」というチェーン店は、チキンイナサルとおかわり自由のご飯、スープのセットが99ペソ程度(約226円)とお得。現地在住の日本人の間でもたまに食べたくなる味と好評です。

Sisig(シシグ)…… 豚肉の切れ端をしょう油とビネガー、唐辛子で味付けした物に生卵をのせて、鉄板の上でかき混ぜて食べます。ビールのおつまみとして、また定食メニューとしても定番。

Adobo(アドボ)…… フィリピン人が愛してやまないソールフード。チキンまたは豚肉をしょう油とビネガーで煮込んだ料理で、おかずやお弁当として日常的に食べられています。

次はオススメ料理の後半、5つのメニューをチェック!