BMIを計算してみよう!

BMIを計算してみよう!

BMIとは、肥満度を知るのに使われているもので、身長と体重の関係から算出することができるもの。

また、このBMIとはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略で、疫学調査に基づき最も病気になりにくい数値を算出する国際的な計算方法となっています。

下記では、BMIの数値が分かる計算式を紹介しているので、早速自分のBMIを計算してみましょう。
   

自分のBMIを計算してみよう!

■BMIの計算式
BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
例)体重が55kg、身長が160cmの場合なら、55kg÷(1.6m×1.6m)=21.5となります。

この数値が高ければ高いほど生活習慣病にもかかりやすく、日本肥満学会では、男女共に22という数値が統計的に最も病気になりにくい数値といわれています。

<目安となるBMI数値>

・18.5未満 =痩せ
・18.5~25=普通
・25~30 =肥満レベル1
・30~35 =肥満レベル2
・35~40 =肥満レベル3
・40~ =肥満レベル4

また、BMI=22という最も病気になりにくい数値から出される標準体重を計算することもできます。標準体重とは、肥満でもやせでもなく、痩せすぎでもなく、最も健康的に生活ができると統計的に認定された理想的な体重をいいます。

■標準体重の計算式
標準体重=22×身長(m)の2乗
例)身長が160cmの方なら、1.6×1.6×22=56.3kgとなります。

以上の計算式で出される数値は指標であり、全ての方に当てはまるわけではありません。骨格や筋肉の違いなどによってもベストな体重は変化しますので、あくまでも目安として参考にしましょう。
 

体脂肪率と体脂肪量の計算方法

体重と同様、体脂肪率も把握しよう!

体重と同様、体脂肪率も把握しよう!

ダイエットにおいて体重と同じように意識したいのが体脂肪率の数値。

体脂肪には体や内臓を守り保温したり、ホルモンバランスを調整するといった重要な役割がありますが、溜め込み過ぎてしまうと生活習慣病の原因になったり、逆に不足しすぎると女性の場合は特に婦人科系トラブルの危険性もありますので注意が必要です。

体脂肪率とは体重に占める割合を%で表したものをいいます。この数値によって、太っているかどうかを判断することができます。

例えば同じ体重55kgだとしても、一方は筋肉質で、もう一方はぽっちゃり体型だとしたら、前者は肥満とはいいません。また、BMIが25以上ではないとしても、体脂肪率が30%を超えてしまう人の場合、これはいわゆる「隠れ肥満」といって内臓に脂肪が溜まっていることになります。下に体脂肪率の計算式、適正体脂肪率の目安を載せておきますので参考にしてみてください

■ 体脂肪率の計算式
体脂肪率%=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

体脂肪率は身体の中の水分や血流の影響が大きいため、1日に2~3%程度の変動があり、容易には計算できません。

また、市販の体脂肪計を活用し計測するのも良いですが、体脂肪率は体重以上に時間帯や条件によって変わってきます。その理由は、体内の水分量や分布のしかたによって大きく影響を受けるからです。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。また、夜の入浴から2時間後ぐらいの寝る前は、体内の水分量が一番安定していると言われていますので、この時間帯に測る習慣を持つのもよいでしょう。

<女性の適正体脂肪率の目安>

・~19.9% :痩せ
・20~24.9%:適正
・25~29.9%:軽い肥満
・30%~ :肥満
女性の場合、17%以下になると婦人科系トラブルの原因にもなりますので要注意!

<男性の適正体脂肪率の目安>

・~14.9% :痩せ
・15~19.9%:適正
・20~24.9%:軽い肥満
・25%~ :肥満
 

BMIと体脂肪率から、現在の体型タイプを診断

タイプ別診断でチェック!

タイプ別診断でチェック!

前のページで出したBMIと体脂肪率から、自分の体型タイプを下記の解説を参考に診断してみましょう。

■かくれ肥満タイプ
特徴:BMIは標準、体脂肪率が高い。

■痩せタイプ
特徴:BMIも体脂肪も少ない。

■標準タイプ
特徴:BMI、体脂肪率ともに標準の数値。

■ぽっちゃりタイプ
特徴:BMI、体脂肪率、共にやや高め。

■肥満タイプ
特徴:BMI、体脂肪率共に高い。

■筋肉太りタイプ
特徴:BMIが高く、体脂肪が少ない。

後半では、前半で診断したタイプ別ごとに適切なダイエット法をご紹介していきます!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。