全長3km!ワイキキビーチをとことん遊びつくそう!

エメラルドグリーンの海と白い砂浜、そして後方にそびえるダイヤモンドヘッド。この景色に魅せられてハワイを訪れる人も多いはず

エメラルドグリーンの海と白い砂浜、そして後方にそびえるダイヤモンドヘッド。この景色に魅せられてハワイを訪れる人も多いはず

ハワイに行ったことがある人もない人も、「ハワイ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ワイキキビーチではないでしょうか。実はワイキキビーチとは、東西3キロメートルに連なるビーチの総称。エリアによって特徴や雰囲気が異なります。ぜひ、お気に入りのエリアを見つけて、ワイキキビーチを楽しみましょう!

意外に知らないワイキキビーチの地理・歴史

ワイキキビーチがあるのは、ハワイ州都のオアフ島ホノルル市。島の南部に位置します。ワイキキビーチとは、西はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前のデューク・カハナモク・ラグーンから、東はニューオータニ・カイマナビーチ・ホテル前のカイマナ・ビーチ(上画像のダイヤモンドヘッド先付近)までを指す総称です。

古代ハワイアンが病を癒すために水浴びをしたというハレクラニ前のビーチ

古代ハワイアンが病を癒すために水浴びをしたというハレクラニ前のビーチ

ハワイ語で「水(wai)が 湧く(kiki)」場所の名前の通り、200年前のワイキキはタロイモ畑や養魚池、バナナ園が広がる湿地帯でした。その豊かな自然から神の力「マナ」が宿る癒しの地として信じられ、王族の邸宅や別荘も建てられました。現在でもワイキキビーチ沿いには、ハワイ王朝にまつわる史跡が多く残されています。

ワイキキビーチがリゾート地として脚光を浴びるようになったのは、1901年にモアナホテル(現モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ)がワイキキ初のホテルとして開業し、リゾート開発が始まってから。ワイキキの湿地は埋め立てられ、カリフォルニアから運び込まれた白砂で人工のビーチを造り上げたのです。

ワイキキビーチで気をつけたいこと

ビーチに出掛ける時は身軽で!

ビーチに出掛ける時は身軽で!

ワイキキビーチでの注意点も紹介しておきましょう。ホテル近くのビーチへ繰り出すなら、服装は水着の上にTシャツ(女性は+短パン等)を着るだけでOKですが、濡れたままレストランやショップに立ち寄るのはタブーです。ビーチでは、荷物を放置したまま遊ばないこと。カメラやビデオなど貴重品がある場合は、必ず交代で荷物番をしましょう。

また、日陰が少ないので日焼け対策は万全に。特に正午~午後3時頃までは日差しが強く、お子さん連れは、この時間帯のビーチ遊びは避けるのが賢明。日焼け止めやバスタオル、ビーチマット(ゴザ)、ミネラルウォーター、軽食等は、カラカウア通りに並ぶABCストアで調達可能です。また、ABCストアでは、小銭やホテルキーを入れて首に掛ける防水ケースも販売しています。公園やビーチでの飲酒は、ハワイ州の法律で禁止されていることもお忘れなく。

ワイキキビーチをエリア別に徹底解剖!

透明度が高く、シュノーケルも楽しめるカイマナ・ビーチ

透明度が高く、シュノーケルも楽しめるカイマナ・ビーチ

ワイキキビーチと呼ばれるのは、西はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前のデューク・カハナモク・ラグーンから、東はニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル前のカイマナ・ビーチまで。波が小さくて遊びやすいファミリー向けのビーチや、ワイキキの喧騒を離れた静かなビーチなど、定番・穴場ビーチもあるんです。

ワイキキビーチ西エリア
ワイキキビーチの西側は、欧米人旅行者や地元ファミリーに人気。足をのばす価値ありの穴場ビーチが待っています。
紹介記事はこちら>>>デューク・カハナモク・ラグーン~グレイス・ビーチ

ワイキキビーチ中央エリア
いつもたくさんの旅行者が集まり、陽気で賑やか。テレビや雑誌で見るあのワイキキの光景が広がっています。
紹介記事はこちら>>>ロイヤル・モアナ・ビーチ~クヒオ・ビーチパーク

ワイキキビーチ東エリア
カピオラニ公園前に位置するワイキキビーチ東側は、ホノルル市民の憩いの場所。動物園や水族館が近く、1日かけて遊びたいエリアです。
紹介記事はこちら>>>クイーンズ・サーフ・ビーチ~カイマナ・ビーチ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。