通勤時の事故は労災扱いの方が有利?!

労災と自賠責は、基本的には両方からは支払われません。結論から言うと、労災を選んだ方が有利と思われます。それには会社とも相談することになります。通勤災害が認められれば自己負担もありませんし、保険者(政府)が支払った分を自賠責へ求償を行うことになります。労災を選んでおいて、その後できるだけ早く政府から自賠責へ求償が入る前に、自賠責に仮渡金や内払い金を請求できるそうです。

ただ、病院へ行くと自賠責を奨められるでしょう。自賠責の方が労災より点数が高いのです。奨められるがままに自賠責にすると、保険適用でなく自由診療を選んだことになります。なので、労災にした場合より請求額が多くなります。自賠責の給付は定額で120万円しかでません(死亡だと3000万円です)。

軽いけがですぐに帰れる場合や後遺症がない場合は大した負担にならないかもしれません。ですが被害者側に過失が大きかったりすると、自賠責にせよ、相手方の任意の自動車保険にせよ、給付額が減額されたり出なかったりする可能性もあります。被害者に非がなくても、大けがだったりすると、自賠責の120万円なんてすぐに終わってしまうそうです。加害者サイドに治療費を全額負担してもらう状況だと、示談交渉の時に、自分には不利な示談でも受け入れざるを得なくなるかもしれません。


とにかく、労災でも通勤災害なら会社の保険料率が上がったりはしなので、会社に相談して労災扱いにしてもらった方が有利でしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。