「限りあるお金をどう使うか」を教えることが大切です

我が家では小学5年生までおこづかいはありませんでした。
5年生から500円、6年生で600円、中1で700円……と、堅実に100円ずつ増やしていきました。他のお友達に比べると明らかに少ない金額ではありましたが、値上げ交渉には応じませんでした。

買いたいものがあるときは、月々のおこづかいを貯めて買うようにしつけました。中学校まではたいしたお金の使い道はあまりないものです。おこづかいが少ないと、自然に支出を控えようという意識も働くようです。100円ずつの値上げとなると、高1では1000円ということになりますが、ここはさすがに少ないだろうと、大幅アップを……と言っても2000円で交渉成立。

お手伝いでいくらとか、良い成績をとればいくら、などのやり方は我が家ではしないことにしています。世の中では働くことで報奨を得ることの予行練習として、そういったやり方を提唱されている方々もおられますが、私は少し違う考えだからです。見返りがなくとも家族、人間としてお手伝いができる子になって欲しかったからです。

お金教育に大切なことは、日々の、親のお金に対する姿勢が何より子供に大きな影響を与えているということです。電気やガスの節約、買い物の仕方、お金の管理など、子供によく見えるように、なおかつ節約などの努力を生き生きと楽しんで取組み、家族間で共有するようにしました。そのおかげで無駄遣いのしない子に育ったと思います。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。