「お金の必要性」と「我慢」の学習も兼ねた金銭教育

5歳の子どもがいますが10円玉も100円玉も同じように見える年齢なので、いろいろ試行錯誤して日々を送っております。

未就学児ですので、もちろんそんなに高額な物を欲しがったりはしません。せいぜいお菓子だとか、ゲームセンターで太鼓のゲームをしたいというとか、その程度です。ただし、その場合にも「お金」と言うものが必要なのだということを、じっくり教えています。

主に「お金と言うのは労働の対価として貰えるもの」という教育をしています。ですので、親戚などからいただいたお祝い金は子ども用の通帳を作りそこに貯金。子どもに持たせるお金はすべて私から、お手伝いをしたときに手渡すものだけです。

1日ひとつ、お手伝いをお願いします。上手にできたり、喜んでやってくれた場合に10円玉をひとつあげます。これが10個たまったら100円に変わるんだよ、100円になったらアイスが買えるんだよ、という数字の学習を兼ねています。加えて、100円になるまで頑張ろうねと「我慢させる」ことも兼ねて金銭教育をしているつもりです。

子どもがきちんとそのお手伝いをしているかを見届ける必要もあると思います。できが悪くても一生懸命やってくれた場合は、十分対価を支払うに値すると思います。それを見ずに結果だけ見て「できてないでしょ!」と支払わないというのは、スジが違うと思いますので。

最近では、水を出しっぱなしにしたり、電気をつけっぱなしにしているときにも、さりげなく「お水は、地球さんから買っているの」「お水にもお金がかかるものなのよ」「大切に使おうね」などと言ってます。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。