写真が持っているのは本物のキャンディー?

完成写真

 


ヨーロッパでは棒付きキャンディーが大人気です。子供のバレンタインデーカードやお誕生会の招待状・お礼状に小さな棒付きキャンディーを1つ付けて、お友達に送ることがよくあります。さらにカードの中の男の子が本物の棒付きキャンディーを持っていれば、受け取った女の子もビックリするでしょうね。ホワイトデーにインパクトのあるお返しを送りたい男の子は、自分のカッコイイ写真に棒付きキャンディーを持たせて「チョコレートをありがとう!おいしかったよ」と言いましょう。女の子がどんな反応をするか楽しみですね!

作り方

材料:男の子の写真、厚口画用紙、パターンペーパー、マスキングテープ、カーリングリボン、クリアポケット(葉書サイズ)、棒付きキャンディー、おもちゃの指輪など小さなアクセサリー

 

モデル写真

 

1.男の子の写真を撮ります。
姿勢はガッツポーズか、乾杯をする時のように片方の腕を少し前向きに高く上げます。(今回は写真素材を使いました)

 
材料

 

2.写真から男の子を切り取ります。
台紙用の厚口画用紙とパターンペーパーは葉書の大きさに切ります。

 
カード作成

 

3.パターンペーパーと画用紙を重ね、周囲をマスキングテープで貼り合わせます。カードには吹き出しやシールなどを貼って飾りつけてください。

 

棒付きキャンディー

 

4.棒付きキャンディーにカーリングリボンを巻きます。キャンディーににおもちゃの指輪を結び付けると可愛いです。

 
キャンディーを貼る

 

5.カードにキャンディーを貼り付けます。この時、男の子がキャンディーの棒を持っているように貼ってください。

 
完成2

 

6.クリアポケットにカードを入れます。上部にパンチで穴を開け、カーリングリボンを付けます。

 
遼平の写真

 

*ポーズを変えると雰囲気も変わります。
こぶしにカッターで切り込みを入れ、キャンディーの棒を差し込むと面白い写真になります。

 
プレイモービル

 

*プレイモービル(人形)の写真を使ったカード。

 
ぬいぐるみ

 
 

*ぬいぐるみの写真を使ったカード。 


 

棒付きキャンディーカードで友情を深めよう

アレンジいろいろ

 

春はお別れの季節です。ホワイトデーだけでなく、卒園・転校でなかなか会えなくなるお友達にも、思い出の写真に棒付きキャンディーを付けてカード送ってみませんか? キャンディーを食べた後も写真付きカードを飾ってもらうことができますよ。またサッカーの試合の応援のお礼、お誕生会のお礼など、様々な行事にも棒付きキャンディーカードを送り、今まで以上に友情を深めてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。