今年の冬はまだまだ寒い日が続いています。いくらシャツの下にヒートテックを、そしてセーターやコートを着ても、足の指先が冷たすぎる、と困っている人が多いと思います。そこで今回は最近、今流行っているソックス重ね履きのコツをお教えします。

寒い日は厚手のカシミアやウールのソックスを履けばもちろん暖かいのですが、難点はそれらのソックスが地味なこと。色も黒やグレイ、ベージュなどパッとしないものが多いものです。そこでおすすめしたいのがコットン素材のソックスの二枚重ね履きです。どうやって重ね履きすればいいのかって? では、それでは、コツを解説しましょう。

ソックス重ね履き

ソックスはあえてカラフルでマルチ色、そしていろいろな柄のものを合わせてみてください。僕は、ドットとボーター、カラーはグリーン、白黒、パープル、イエローなどのマルチカラーを選びました。


下のソックスのトップを見せるのがポイント

まずは、カジュアルな着こなしから。コットン(綿)素材のカジュアルなソックスを2枚用意します。色や柄は好みでよいのですが、今はカラフルな色や柄のソックスが流行っているので、思い切って派手なものを選ぶのがポイント。僕が選んだのは、ドット柄のえんじ色と同じドット柄のマルチカラーのソックス、そして、ブラック・アンド・ホワイトのボーダー柄とグリーンをベースとした格子柄のソックスです。

カジュアルでは、チノパンやジーンズの裾をロールアップでして、ソックスがちらっと見えるようにするのが今おしゃれな着こなし方なので基本、ソックスは見せるものと心得てください。そして、コツは下に履いたソックスのトップ部分が見えるように履きこなします。下に履いたソックスと上に履いたソックスのコンビネーションがソックスの重ね履きの面白さとセンスの腕の見せどころなのです。

次のページでは、どのようなソックスを選べばよいかの具体例を解説します。