圧倒的な大きさと佇まいの豪華なお社

 

 

行ってまいりました諏訪大社。いやいやその古式ゆかしきたたずまいと豪華なお社にとりあえず礼。なにせ参拝路入口のお社でさえ、この大きさと佇まい。紋章好きのわたくしですから、もちろん目をつけましたとも。このお社の随所にみられたこの紋は、御柱祭で使われる木をかたどったものと同じものと思われます。
 

 


わたしが参拝したのは上社本宮で、祭神は建御名方命(たけみなかたのみこと)と八坂刀売命(やさかとめのみこと)だそうですが、ミシャグチ信仰とも関連が?と、以前読んだ本に書かれていました。
 

 

ご神体が御山ですから、天孫降臨の際にやぶれた健御名方が腕を引きちぎられて、出雲から蛇のように地を這いながら逃げてきて居着いたのが諏訪湖であったなんぞという伝説もありますし。同じく御神体とされている奈良県の三輪山 も蛇の形であらわされることが多い。

国内最古のお社で起源は謎(とされている)から、よくわからないのかもしれませんが、御柱(ミシャグチを降ろす依り代とも言われている)は杉の木だそうだから、この紋章は杉?でも葉っぱの形が違う………。う~ん社務所ででも訊けばよかったです。

どなたか今度お参りした際にでも、訊いていただけませんか?


■諏訪大社 上社本宮 
住所:長野県諏訪市中洲宮山1
TEL:0266-52-1919
URL:http://suwataisha.or.jp/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。