きらの里とは

八幡野温泉郷きらの里本館外観

八幡野温泉郷きらの里の旅籠(本館)「八幡野」。客室の照明が多く、大勢が本館を選んでいる事が分かる。左側の明かりはレストラン棟


八幡野温泉郷きらの里玄関

八幡野温泉郷きらの里の玄関。本館と同じ建物に見えるが、旅籠(本館)「八幡野」へは右側から回りこんで行く。右奥に大室山を望む

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里は、伊豆高原の中心である八幡野地区にある高級温泉旅館です。

広大な敷地に古き良き里山の風情が再現され、客室もそうした園内を見渡す「里山ビュー」を基本としているのが大きな特徴。和の情緒を大切にした客室が敷地に点在し、中心にある立派な外湯風情の大浴場や貸切風呂やレストランに通いながら滞在を楽しみます。
 
黒川温泉など秘湯風情に満ちた温泉を敷地に再現したような感じで、本当に東北や九州の秘湯の温泉地に来たようにリラックス出来て、東京から至近距離の伊豆高原に居る事を忘れさせてくれます。

その上、温泉も本格的。日本を代表する複数の宿予約サイトに温泉が循環と掲載されていますが、実は大間違い。一部に循環の浴槽もありますが、浴槽の数で掛け流しの方が圧倒的に多いのです。

伊豆高原で温泉満喫、八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里を紹介します!

次ページで、きらの里の温泉をご紹介します。