トリノ、地元の人ご推薦のレストラン

torino1

地元産の食材を意識した郷土料理が食べたい!写真/ヴィネリア・トレ・ガッリ

酪農やワイン造りを始めとする農業が盛んなピエモンテ州の州都トリノ。地元の素材を使ったピエモンテならではの郷土料理を楽しみたいものです。一方で、トリノはイタリアを統一したサヴォイア王家のお膝元、フランス文化の影響を多大に受けた街でもあります。洗練された美しい料理を出すリストランテはもちろんですが、家庭的なトラットリアや地元客御用達のエノテカにも行ってみたい。ここでは、地元の人がオススメする3軒をご紹介します。

地元の人御用達のエノテカ トレ・ガッリ

torino2

居心地のいい人気店でワインと共に

1800種以上のワインを揃えるヴィネリア(ワイン専門店)。地元産の食材を使った郷土料理やサラミ、チーズなど、ワインに合わせた料理が楽しめます。グラスでもオーダーできるワインも多く、気軽に利用できる雰囲気で居心地がとてもいいお店。コストパフォーマンスもよく、地元の人にもとても人気があります。

近くに姉妹店のリストランテ「トレ・ガッリーネ」(住所:Via Bellizia, 37 電話:011-4366553)もあり、こちらも人気。キッチリしっかり食べたいときは、リストランテへ。料理をつまみながらワインを中心に楽しみたいときには、こちらのヴィネリアへ。と気分によって選ぶのがおススメです。

<DATA>
■Tre Galli
住所:via sant'agostino 25
TEL:011-5216027
営業時間:12:30~14:30、18:00~翌2:00
定休日:日曜
予算:1人ランチ20ユーロ前後、ディナー30ユーロ前後
アクセス:カステッロ広場からガリバルディ通りに入り、サンタ・アゴスティーノ通りを右折して直進

 

伝統ピエモンテを食べるなら!ダ・マウロ

torino3

常連客の賑わいの中で郷土料理を

古き良きイタリアを保存したようなクラシカルな店内は、年配のカメリエーレと親しげに言葉を交わし合う地元客でいつもいっぱい。政治家やユベントスの選手も御用達にするトリノのいわゆる定番リストランテのひとつです。

とはいえ、マダムをはじめ店員さん達がとても気さく。アットホームな雰囲気で、ほっこり家庭的な料理を食べたいときにおススメ。メニューのラインナップには、伝統的なピエモンテ料理(とトスカーナ料理)もきっちり並ぶので、初めてのトリノならまずはここから始めたい。

<DATA>
■Da Mauro
住所:via Vittoria Maria, 21
TEL:011-8170604
営業時間:19:30~23:30
定休日:月曜
予算:1人35~40ユーロ前後
アクセス:カステッロ広場からサンカルロ広場に入る手前のサンタ・テレーザ通りを左折すると、そのままヴィットリア・マリア通りになるので、そのまま直進。道沿い左側

 

お寿司とピエモンテ料理 アルカディア

torino4

イタリアらしい内装の店内でお寿司を?!

トリノ中心地、美しい18世紀のガッレリア・スバルピーナの中にある入口を入ると、巨大な石の柱に支えられた高い天井。劇場のような雰囲気があるエレガントな店内奥には、なんと寿司バー。トリノでいち早く寿司バーを始めた老舗のひとつでもあり、コストパフォーマンスの良さから、御用達にするトリノ人も多い店。

ランチでは、選択肢の多いワンプレート・メニューがあり、忙しいビジネスマンにも人気。旅疲れでちょっと和食も食べたいけど、やっぱりイタリア料理も食べたい。というときに、とても便利です。

<DATA>
Arcadia
住所:Galleria Subalpina(Piazza Castello)
TEL:011―5613898
営業時間:12:30~14:30、20:00~22:30頃
定休日:日曜
予算:1人35~40ユーロ前後
アクセス:カステッロ広場からガッレリア・スバルピーナ内。バラッティ&ミラノのお隣


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。