変わらない価値観を伝えるフィンランド雑貨の魅力

フィンランド雑貨

シンプルなのに、ぬくもりを感じるフィンランドの雑貨。気張らない適度なおしゃれ感が取り入れやすく、自然な形でフィンランドの普段の生活の中に溶け込んでいる

昨今の北欧ブームは、フィンランドが以前にも増して注目されるようになり、訪れる旅行者の数が倍増した理由の一つ。シンプルかつ大胆で、真新しいのにどこか懐かしい気分になる、そんなところが大きな魅力でしょう。

フィンランドへ旅行する前に知っておきたい、フィンランドを代表するブランドを5つご紹介! 鮮やかな柄の服飾やファブリックが有名なマリメッコ、色とりどりのガラス食器が素敵なイーッタラ、そして究極のシンプルな美しさと、実用性に優れたフォルムを追求した陶器のアラビア。他にも、陶器を主として総合的なインテリア・ブランドへとジャンルを広げているペンティクと、カトラリーやお鍋などの調理器具を扱うハックマンも、あわせてご覧いただきましょう。

すべてのブランドに共通していることは、それぞれが長い歴史を持っていること。そして、時代が移り変わる中でも色褪せることのない「不変の価値観」を見出し、それにこだわり、ユニークな独自の方法で、幾世代にもわたってフィンランドの人々の生活に寄り添ってきたことです。

流行に惑わされることなく、芯をしっかり内に秘めているフィンランド雑貨は、自分が本当に良いと思うものを選ぶ勇気をくれ、使う人の個性を引き出して自分らしい姿にさせてくれます。フィンランド雑貨に囲まれているとホッとするのは、そういった理由からなのかもしれません。

まずは、日本でも有名なフィンランドの3大ブランドを改めましてご紹介!

>> 最初にご紹介するのは、北欧雑貨の代表格であるマリメッコです。