多くの保護者のみなさんが、子供に対して「自分の夢を見つけ、それを叶えて欲しい」と思っていらっしゃるのではないでしょうか? そして、親として、その夢を叶えるために出来る限りのサポートをしてあげたいとも思っていらっしゃると思います。
子供の「なぜ?」を大切に

子供の「なぜ?」を大切に



しかしながら、子供が将来就く可能性がある職業は千差万別。また、いつ将来の夢がハッキリするかも分からない。今回は、そのような段階でも、自分の子供に対して、子供が将来夢をかなえるために、家庭でできるサポート(教育)方法をご紹介します。

「一流」から学ぶ

様々な世界で活躍する、「一流」と呼ばれる方々が持つ共通点の一つは「分析力」に秀でているということです。「一流」は、ただがむしゃらに努力をしている訳ではありません。

39歳になった今なお、世界の第一線で活躍をしている、ヤンキースのイチロー選手の名言の中にも「どうやってヒットを打ったのかが問題です。たまたまでたヒットでは、なにも得られません」という言葉があります。

つまり、「なぜ成功したのか?」「なぜ失敗したのか?」その理由を分析し、今後に活かすことが重要だと言うことです。

小さいうちから「PDCAサイクル」を回す習慣を

ビジネスの世界で業務を円滑に行うために用いられる「PDCAサイクル」という手法。子供に応用出来るよう多少アレンジしてお伝えすると、

  1. Plan(計画) :目標達成のための計画をたてる。
  2. Do(実行)   :計画を実行する。
  3. Check(評価):計画通りに実行できたか。目標が達成できたか。
  4. Act(改善)  :計画通り実行する(目標達成)には、どう改善すればよいか。また、計画自体を改善する必要があれば改善する(これが新たな計画となる)。         

この4つのステップを繰り返し行い、徐々に目標達成に近づけていくというのが「PDCAサイクル」です。

「PDCAサイクル」はビジネスに限ったことではありません。この手法は、子供でも、日常生活の中で自然にやっていることだと思います。しかし、残念ながら意外と出来ていない場面が多いのも事実です。

例えば、算数の勉強に取り組む際に、

  1. Plan(計画):解法を考える。
  2. Do(実行) :実際に解く。
  3. Check(評価):正解かどうか確認。
次の問題へ。

と、ステップ4のAct(改善)をせずに、終わりにしてしまい、同じようなミスを繰り返してしまう子供が多いです。

しっかりと、「そもそもの視点(考え方)を間違えていたのか」、「図の描き方を間違えていたのか」「単なる計算ミスだったのか」など、「どこで間違えてしまったのか」を分析出来れば、同じようなミスを減らすために、Act(改善)をすることが出来ます。

また、これは、勉強以外でも同じ事が言えます。例えば、サッカーの練習やピアノの練習でも、ただ指示された練習をこなしたり、単純な反復練習を繰り返すよりも、
  • 今やっている練習は、なんのためにやっているのか。
  • 自分の長所短所を分析して、それを練習メニューに活かす。
など、こうった分析・改善が繰り返し出来れば、同じ時間練習をしたとしても、何も考えずにこなすよりも格段に成果は上がるはずです。

このように、小さいうちから、「PDCAサイクル」を意識的に繰り返し回すことが、「子供の夢を叶える」一つのポイントです。

>>家庭で「なぜ?」の気持ちを育てる際の注意点