検査の申し込み

いびき

イビキがひどい人は、睡眠時無呼吸症候群の検査をお勧めします

日本には睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんが200万人以上いますが、ごく一部の人しか病院での治療を受けていません。

もっと多くの睡眠時無呼吸症候群の患者さんを見つけ出すために、平成24年夏から、日本自動車連盟(JAF)と運輸・交通SAS対策支援センター(SASサポートセンター)が、自宅で簡易検査を受けられるサービスを始めました。

検査の申し込みは、運輸・交通SAS対策支援センターのサイトから必要事項を入力するだけです。個人で申し込んだ場合の費用は、検査費用5,000円+代引き手数料315円+送料です。JAF会員は200円の割引を受けられます。

申込みが受け付けられると、運輸・交通SAS対策支援センターから日程調整のメールが来ます。メールにある専用のサイトにアクセスして、検査機器を届けてもらう日時を決めます。

検査の仕方

睡眠時無呼吸症候群の検査機器

これが検査機器の本体とプローブです

指定の日時に佐川急便が、検査機器のセットを届けてくれます。セットには検査機器と検査の手引き、問診票が入っているので、確認してください。検査の手引きを読んで、前もって検査の練習をしておくと良いでしょう。

問診票には、検査当日の健康状態や睡眠の記録、日常生活についてのアンケートを記入します。日常生活についてのアンケートなど、書けるところは検査の前に書いておきましょう。

検査機器は、届いてから3日後に佐川急便が取りに来ます。ですから、検査は3日のうちで都合が良いときに行います。検査時間が4時間未満だと、正しい判定ができないことがあります。4時間以上眠れるときを選んで、検査しましょう。検査当日の食事や喫煙、飲酒、服薬は、普段通りに行ってください。

眠る前に、検査機器を体にセットします。本体は、マジックベルトで腕時計の位置に取り付けます。本体から出ているプローブ(指を挟むセンサー)は、人差し指・中指・薬指のどれかに装着します。プローブには指の形がついているので、爪の形があるほうを爪側にして指を挟みます。マニキュアをしている場合は、必ずマニキュアを取りましょう。

プローブに指を入れすぎると、検査中に痛くなります。また、浅すぎても正しく検査できません。プローブの発光部が爪の生え際あたりに来るように、深さを調整します。検査機器を取りつけられたら、電源スイッチを入れます。正しく動いていると、本体に脈拍数と酸素飽和度(血液中の酸素の量)が表示されます。うまく表示されないときは、プローブの向きを確認したり、別の指で試してみてください。

検査の準備ができたら、あとは眠るだけです。眠っている途中にプローブが外れたら、もう一度きちんとつけて、検査を続けてください。また、指が痛くなってきたら、別の指に付け替えましょう。朝、起きたら、電源を切ります。スイッチを入れてから10時間たつと自動的に電源が切れるので、10時間以上眠っても心配ありません。

検査結果の見方

CPAP

重症の睡眠時無呼吸症候群でも、きちんと治療すればグッスリ眠れます

検査機器を返送してから3週間ほどで、検査結果が届きます。結果票には、血液中の酸素の状態(低酸素の程度と回数)や、脈拍の平均・上昇回数とその程度がプリントされています。

特に大切なのは、酸素飽和度(血液中の酸素の量)の変化です。健康な人の酸素飽和度は平均98%以上で、最低でも95%以上あります。酸素飽和度が基準の値から3%以上低下した1時間当たりの回数を「ODI3」といます。1時間当たり何回、無呼吸あるいは低呼吸の状態に陥ったか、を表しています。

ODI3が1未満であれば、正常です。ODI3が1以上5未満は正常範囲内ですが、睡眠呼吸障害が少し起こっています。ODI3が5以上15未満は、軽度の睡眠呼吸障害と判定されます。生活習慣の見直しなどを行っても日中の眠気が強ければ、睡眠専門の医療機関を受診しましょう。

ODI3が15以上30未満の人は、中等症の睡眠呼吸障害です。ODI3が30以上になると、睡眠呼吸障害も重症となります。これらに判定されたら、検査結果票を持って早めに専門の医療機関を受診してください。

この検査は個人だけでなく、会社などの団体でも申し込めます。交通機関で運転に従事している人は、自分の健康だけでなく他の人の安全のためにも、このような検査を受けることをお勧めします。


【関連サイト】
運輸・交通 SAS 対策支援センター
日本自動車連盟(JAF)
睡眠時無呼吸症候群(SAS)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項