ニキビは早めの対処が肝心!

ニキビが出来はじめたら放っておかず、まず自分でできることから試してみましょう。

1.スキンケアの見直し

近年では、“コメドジェニック(ニキビが出来にくい処方)”のスキンケア製品が数多く発売されています。購入する際には、パッケージでそれを確認して購入するのも良いと思います。

具体的には、はじめにクレンジングと保湿剤を見直してみてください。クリームタイプ、乳液タイプ、ジェルタイプなどがありますが、一番のおすすめはジェルタイプです。特にクレンジングがオイルクレンジングの方は要注意です。また、ファンデーションにおいては、クリームタイプ、リキッドタイプ、パウダリータイプがありますが、パウダリータイプがおすすめです。

いずれも共通のポイントは、油分が多く含まれないもの。日頃使っているアイテムを見直し、必要なものは思い切って買い換える、ということが大切です。

2.食生活の注意点

簡単にいうと、「バランスの取れた食事を心がけましょう」ということに尽きます。ビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることが大切です。また、いわゆるニキビが出来やすい食品(チョコレートやナッツ類、スナック菓子など)に関しては、個人差があり、全ての方に当てはまらないので、もしご自分にその傾向があれば控えるようにしてください。

3.ストレスを溜めない

ストレスは、一番難しいことかも知れません。人によって、感じ方や影響が現れるポイントが異なり、しかも、目には見えないものだからです。しかし実際に「仕事でストレスを感じることがあり、その後ニキビが急に増えてしまった」という声をよく耳にします。これには男性ホルモンが関係しています。ストレスによって増えた男性ホルモンが、皮膚、とくに毛穴に作用するとニキビを引き起こすのです。

以上のようにスキンケアや生活を見直しても、改善が見られない場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。

最後に、皮膚科で受けられる主な治療のご紹介です。

ニキビの主な治療法

ニキビの種類によって、治療法も変わります。

1.毛穴の入口のつまり
ディフェリン

毛穴のつまりを改善する保険薬ディフェリン


ニキビに共通している点が「毛穴の入口のつまり」なので、皮膚の表面の硬く厚くなった角質を正常に戻す必要があります。

ひとつその優秀なアイテムとして、日本初の外用剤、『ディフェリン』をご紹介します。

海外では、ニキビ治療の代表格だった“アダパレン”が、日本でもようやく2008年に認可され、保険適応となりました。徐々に取り扱う皮膚科が増え、使用する方も増えています。その一方で、使用直後から1、2週間出現する反応(赤み、カサカサ、ヒリヒリなど)に困らされ、使用を断念してしまう人もいるような薬です。使用する前には説明をよく聞き、一時的な反応も理解した上で使用する必要があります。(参考:『differin.jp』)

保険適応外の治療も、近年では広く取り入れられています。重症な方、より早く確実な効果を望む方などが、お受けになります。具体的には、ピーリング治療や光線療法などです。これらは、美容皮膚科、美容外科で行っています。

2.白ニキビ・黒ニキビ

コメド圧出

コメド圧出で用いる医療器具

治療のポイントはコメドです。コメドは自然に外に出てくることは稀で、ほとんどの場合は毛穴に留まり、だんだん固くなりさらに出にくくなります。よってコメドは、毛穴から出してあげる必要があります。

具体的には、『コメド圧出(あっしゅつ)』という処置をします。写真の様な医療器具、コメド圧出器を用います。

3.赤ニキビ・黄色ニキビ

これらはアクネ菌という細菌の1種により炎症が起こっている状態。その症状などに応じて、外用または内服の抗生物質を使用します。

まだまだ、書ききれないニキビについて。治りにくい肌トラブルだからこそ、原因から対処法まで、奥が深いのです。

ニキビでお悩みのすべての方のご参考になれば幸いです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。