何度も出来てしまう大人ニキビの対処法

思春期にはあまりニキビがなかったのに、20代、30代になって急に悩まされるようになった……という方は多いのではないでしょうか。
私もその一人で、25才くらいからアゴに出来やすく、根っこのようなものがあり,できては消え、消えてはでき、そしてシミになるというスパイラルに陥っていました。

コスメや洗顔、ぬり薬などいろいろ方法を試しましたが、最終的に落ち着いたのは生活習慣と基本のスキンケアの見直しでした。

乾燥肌、睡眠不足、不規則な生活・仕事、マメではない、に当てはまる方、
一度次の方法を試してみてください。

■洗顔

お湯は30~32℃。指に力を入れず、優しくなでるように。
(ちなみに、クリームタイプのクレンジング、液と粉を混ぜるタイプの洗顔料、マスカラ使用の場合は部分メイク落としを使用)
タオルはいつも清潔に、オーガニックコットンのものを使用。

■保湿
高価なものでなくてかまいません。化粧水はたっぷり付けましょう。コットン派・手派と分かれるところですが、私は刺激の少ない手派にかえました。手のひらで顔に蓋をするように、しっかり浸透させましょう。その後はクリーム・美容液などお好みで。高保湿(ヒアルロン酸など)パックも有効でしょう。

■睡眠
シーツやまくらカバーは頻繁に取り換える。
上質な睡眠をしっかりとることが非常に大切です(不足すると美肌成分ビタミンBが破壊されます)。8時間が理想的。電気を消して熟睡することを心がけましょう。

今のやり方を見直すだけ

高級化粧品を買う必要がないので、節約になります。
生活習慣の見直しなので、なれるまでは少し大変かもしれませんが、肌が元気になることをきっと実感できると思います。

2、3日で現れる効果

睡眠と保湿がこんなにも大切なんだとは、正直知りませんでした。
通院や市販のぬり薬を使用しなくても、2、3日しっかり寝ると明らかに肌に違いが出ます。

生理前はホルモンの関係でニキビができやすくなるのは変わりませんが、
それでも大量にできたり、翌月まで治らないことはなくなりました。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。