【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


小学生のお年玉、相場はいくら?

私の経験では、小学1・2年生は1000円、小学3・4年生は2000円、小学5・6年生は3000円あげていました。

最初から多額にお年玉をあげてしまうと、子どもも「いっぱいもらって当たり前」という考えを持ってしまうし、大きくなればお年玉以外にも子どもに掛かる費用も増えてきます。そういった中、お年玉だからと気を張る必要もないと思いますし、小学生になればある程度、自分で管理できる金額が妥当かと思います。

お年玉の管理方法は?

お年玉の管理については、学年にかかわらず、いただいたお年玉の半分は貯金させてきました。残りの半分は子どもに渡し、ある程度のものが買えるようにしておきました。小さいころから金銭感覚を養い、やりくりさせ、お金の価値を教えるようにしてきました。お小遣い帳をつけるのもいいと思います。貯金したお金は使ってはいけないお金として、通帳は親が管理してきました。


■大幅な家計改善につながるかも!? 【オンラインで解決】
優秀で信頼できるFPに相談(有料)して、家計の見直し、はじめてみませんか?
FP相談サービス「家計見直し隊」で相談する

※外部サービスに遷移します
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。