小学生のお年玉、相場はいくら?

私の経験では、小学1・2年生は1000円、小学3・4年生は2000円、小学5・6年生は3000円あげていました。

最初から多額にお年玉をあげてしまうと、子どもも「いっぱいもらって当たり前」という考えを持ってしまうし、大きくなればお年玉以外にも子どもに掛かる費用も増えてきます。そういった中、お年玉だからと気を張る必要もないと思いますし、小学生になればある程度、自分で管理できる金額が妥当かと思います。

お年玉の管理方法は?

お年玉の管理については、学年にかかわらず、いただいたお年玉の半分は貯金させてきました。残りの半分は子どもに渡し、ある程度のものが買えるようにしておきました。小さいころから金銭感覚を養い、やりくりさせ、お金の価値を教えるようにしてきました。お小遣い帳をつけるのもいいと思います。貯金したお金は使ってはいけないお金として、通帳は親が管理してきました。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。