いろいろな食べ物に気を使う現在ですが、どういう基準で選んでいますか? 栄養はもちろんのこと、農薬や放射性物質なども気になりますね。その判断基準は人それぞれでよいと思いますが、その指標の1つとなる公的な表示基準があることをご存知でしょうか。

 放射性物質の新基準値

平成24年4月に、厚生労働省から施行された食品中の放射性物質の新基準値では、乳児用食品は一般食品より低い基準値が用いられています。一般食品では100ベクレル/kgのところ、乳児用食品では50ベクレル/kgとしています。これは牛乳の基準と同等です。

つまり大人用の食品の約半分の基準にしているということです。でも、何がこの基準を満たしているのか、わかりにくいということで、別の表示基準もできました。

乳児用食品

「乳児用食品」とは、1歳未満を対象にした食事、または「ベビー(赤ちゃんの意味で用いる場合)などと表示してあるものを指します。例えば、ベビーフード、ベビー飲料、乳幼児用おやつなどがこれに該当します。また、離乳完了期などの1才以降向けであっても、ベビーなどという表記があれば、これに該当します。

乳児用規格適応食品

平成24年8月、消費者庁の発表により、乳幼児用食品に対
ベビーフードパッケージ

本品は乳児用規格適用食品です。と記載してあるベビーフードの例

して新しく表示が義務付けられたのが、「乳児用規格適用」です。

・乳児用規格適用食品
・本品は乳児用規格適用食品です。

などの表記がある場合は、放射性物質が50ベクレル/kg以下であることを意味します。

これから食品選びの上で1つの判断材料になりそうですね。

 1才以降向けの食品でも書いてある場合があります

また、1才以降を対象にしていても、乳児用規格適用食品と同等の管理をしている場合には、任意で表示することができます。その場合は、

・乳児用規格適用食品と同等の管理

という言葉を用いることができるので、そのような食品を見つけた場合でも、50ベクレル/kgと判断することができます。

例外

ただし、乳児向けの飲料でほうじ茶や玄米茶などは、規格基準の「飲料水」に値するので、基準値は10ベクレル/kgとなります。飲料水は乳児用食品よりも基準値が低いので、低い方で管理されています。

最後に

尚、この表示は、平成24年8月から施行されていますが、本記事執筆現在(平成25年1月)はまだ経過措置中です。平成25年12月31日までに製造、加工されたものは対応されていない場合があります。順次対応しているようですが、一部商品ではまだ表示されていないものがあるようです。


[参考記事]
・乳児用食品の規格基準が適用される食品に対する表示(表示基準):消費者庁
ベビーフードおよびベビー飲料の放射性物質に対する安全性について:ベビーフード協議会

 


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で離乳食を見る

Amazonで離乳食を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。