スマートフォンが普及してソーシャルゲームが流行ってるから3DSが苦戦した?

3DSとiPhoneとパズル&ドラゴンの図

3DSは本当にスマートフォンやソーシャルゲームに押されているんでしょうか?

ニンテンドー3DS(以下3DS)はスマートフォンやソーシャルゲームに押されて苦戦している。ここ1、2年、色んなメディアでこういった内容を目にしました。3DSは確かにスタートから半年ほどの動きが鈍く、急遽値下げをした経緯があり、それが任天堂の業績に大きく響きました。ということは、やはり多くの人が言うように、3DSはスマートフォンの普及やソーシャルゲームの流行に押され、ゲーム専用機が必要とされなくなって苦戦しているのでしょうか。

実はガイドは、何度かこのゲーム業界ニュースにおいてそれぞれの市場は別々の動き方をしているのではないか、というお話をしてきました。3DSがスマートフォンやソーシャルゲームと競合するというのは、実際の購買行動の観察を行わずに、似ているように見えるものを安易に結びつけているだけのように感じます。

2012年に関して言えば、3DSは苦戦どころか大躍進を遂げました。そしてそれは、現状においてスマートフォンやソーシャルゲームと3DSがほとんど競合関係に無いことを示しています。

この点について、2012年の動きを振り返りながらご説明していきたいと思いますが、その前に1つお断りを。スマートフォンはハードウェアであり、ソーシャルゲームはオンライン上のサービスです。ですから、この2つを並べるとちょっと分かりにくいところもあるかもしれません。しかし、3DSを脅かすと言われ続けている代表選手の2つということで、お話させていただければと思います。

スマートフォンやタブレットPCの普及が進む

iPhoneの図

これまで以上にスマートフォンが売れた年になりました。

2012年は、スマートフォンが大きく普及した年でした。改めて言うまでもなく、電車の中でもスマートフォンを手にとっている人をたくさん見かけるようになりましたよね。携帯電話の買い替えの際にも、スマートフォンを導入するユ-ザーは増え続けています。普及率は2011年と比較してほぼ倍増しており、2013年には半分以上の人がスマートフォンを持つようになるとも言われています。

もう1つ、2012年躍進しているのがタブレットPCです。2012年3月に発売した第3世代iPad、そして9月に発売されたNexus 7、さらには11月にiPad miniが発売されて、大変市場を賑わしました。特にNexus 7やiPad miniが発売されてからの伸びは大きく、PC関連商品における月間のシェアではデスクトップPCを凌駕して、ノートPCに次ぐ位置を獲得しつつあるようです。

これらのスマートフォンやタブレットPCでは安価で手軽なゲームアプリが遊べる為、数千円もするゲームを主軸にしている3DSは苦戦している、というのが多くのメディアの報道でした。

続いて、ソーシャルゲームについてです。