マカオ名物ポークチョップバーガーとは

ポークチョップバーガー(写真はローカル茶餐廳「發記」)

ポークチョップバーガー(写真はローカル茶餐廳「發記」)

ポークチョップバーガー断面(同上)

ポークチョップバーガー断面(同上)

マカオが誇るB級グルメの王様的存在といえるのがポークチョップバーガー。漢字で「豬○包」と表記し、「チーパーバオ」と読みます。パンにポークチョップを挟んだだけという至極シンプルな食べ物ですが、店によってパンの種類やポークチョップの焼き方にオリジナリティがあるなど、奥が深いところもあります。
(※○は手へんにつくりが「八」という繁体字独特の文字)

 

タイパビレッジにある「大利來記」本店

タイパビレッジにある「大利來記」本店

ポークチョップバーガーがマカオ名物として有名になったのは1990年代頃から。タイパビレッジの「大利來記(タイレイロイケイ)」が売り出す数量限定のポークチョップバーガーが香港からの旅行客に注目され、一気にブームになったことがきっかけと言われています。現在、ポークチョップバーガーはマカオの多くのカフェ、茶餐廳(ローカルスタイルの喫茶・軽食店)やベーカリーでも取り扱われるようになり、マカオを代表するB級グルメとして人気を博しています。

 

地元ベーカリーチェーン「マキシム(美心)」のポークチョップバーガー

地元ベーカリーチェーン「マキシム(美心)」のポークチョップバーガー

ポークチョップバーガーは直径10~15センチほどのパンに、少しはみ出るくらいのジューシーな肉厚ポークチョップを挟むスタイルが一般的。ちょうどおやつにぴったりの分量です。パンは店によってサクサクしたものとソフトなものがありますが、主流はサクサク系。ポークチョップは店ごとに独自のタレを使用しており、店によって味が違います。多くの店が骨付きのポークチョップを使用するため、思いっきりかじると歯を痛めてしまうのでご注意を。値段も店によりまちまちですが、10~30パタカ(100~300円)程度とリーズナブルです。

 

ポークチョップバーガーの人気店

人気店「大利來記」のポークチョップバーガー

人気店「大利來記」のポークチョップバーガー

マキシム(美心)ではソフトなパンに挟んだタイプもある

マキシム(美心)ではソフトなパンに挟んだタイプもある

マカオのポークチョップを語る上で絶対に外せないのがタイパビレッジにある「大利來記」でしょう。約40年前に創業したというポークチョップバーガーの第一人者的存在で、ブームの火付け役となった店でもあります。

この他、市内の各地にある茶餐廳、ベーカリーなどでも取り扱っており、それぞれ食べ比べをしてみるのもいいかもしません。

 

地元有名カフェチェーン「ホノルル」のチキンバーガー

地元有名カフェチェーン「ホノルル」のチキンバーガー

また、店によってはポークチョップバーガーの亜種ともいえるチキンバーガーやフィッシュバーガーなどのラインナップを揃えるところもあります。気になる方は合わせてお試しを。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。