ポークチョップバーガー発祥の店 大利來記(タイレイロイケイ)

タイパビレッジにある大利來記の本店

タイパビレッジにある大利來記の本店

店主を起用した大利來の看板も有名な存在

店主を起用した大利來の看板も有名な存在

マカオ名物のB級グルメ、ポークチョップバーガー発祥の店であり、ブームの火付け役といわれる大利來記(タイレイロイケイ)。タイパビレッジの本店は行列ができる店として知られる超人気店となっています。

大利來記は日本のマカオ紹介ガイドブックやテレビ番組にも必ずといっていいほど登場する超メジャー店。香港、中国本土からの観光客を中心に、いつも大勢のお客で賑わっています。

ポークチョップバーガーの記事はこちらを参照>>マカオ名物「ポークチョップバーガー」

 

聖ポール大聖堂跡前の大三巴支店(テイクアウト専門)

聖ポール大聖堂跡前の大三巴支店(テイクアウト専門)

1970年代にタイパビレッジにオープンした大利來記。1990年代に毎日限定で販売されるポークチョップバーガーが香港からの旅行客の間でブームとなり、一気にマカオ名物として知られるようになりました。現在、タイパビレッジの本店のほか、マカオ半島の世界遺産聖ポール天主堂跡前、コタイ地区のヴェネチアンマカオ内にも支店を展開し、さらに香港の一等地、セントラルにも進出する勢いです。

 

ポークチョップバーガー(28パタカ)(聖ポール天主堂跡前の大三巴店にて

ポークチョップバーガー(28パタカ)(聖ポール天主堂跡前の大三巴店にて

大利來記のポークチョップバーガーの特徴はポルトガル由来のスパイスをふんだんに使った秘伝のタレが染み込んだ深い味わいの肉と、それを挟むサクサクの焼きたてパン。タイパビレッジの本店では平日に1日600個、休日は1日1,200個の数量限定で、毎日15時から焼きたてを販売しています。休日の15時前ともなると、店舗前は大行列となります。

現在、マカオの多くの飲食店がポークチョップバーガーを取り扱う中にあっても、老舗の大利來の人気は高まる一方。マカオ旅行の際、押さえておきたい一品です。

<DATA>
■大利來記(Tai Lei Loi Kei)本店
住所:○仔巴波沙總督前地18號(タイパビレッジ)
TEL:+853-2882-7150
営業時間:7:00~18:00
アクセス:路線バス「○仔中葡小學」バス停目の前(セナド広場前から33系統、マカオフェリーターミナルから28A系統で約20~25分)
(※○は乙と水を組み合わせた繁体字独特の文字)

スイーツ系のマカオ名物はこちら>>マカオ名物エッグタルト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。