SUVテイストを付加したクロストゥーラン

2011年の東京モーターショーで披露された、フォルクスワーゲンのクロストゥーランがリリースされた。ベースはコンパクトな全長で人気を集めるゴルフトゥーランで、SUVテイストが付加されたミニバンだ。

モーターショーで初めて見た時は、ミニバンにSUVテイストを施すとはずいぶん大胆な発想だなと驚いた。だが、SUV風のコンパクトカーであるクロスポロと同じように、街中に溶け込む自然なスタイリングがまずは印象的だ。

フロント

クロストゥーランは全6色で、写真はトゥーランにもある「リフレックスシルバーメタリック」。「トフィーブラウンメタリック」と「アカプルコブルーメタリック」が専用色として用意されている


輸入車では貴重なミニバンで、しかも日本の道路事情でも使いやすいサイズとなると、ゴルフトゥーランが真っ先に思い浮かぶ。兄貴分のシャランよりも売れているようなので、ゴルフトゥーランにかかる期待も高いのだろう。

しかし、ゴルフトゥーランに限らずフォルクスワーゲンの各モデルからイメージされるのは、良くも悪くも華やかさよりも堅実さ。派手さはなくても長く付き合えるのが身上であり魅力とはいえ、少し目を惹くブランドアイコンは必要だろう。

そう考えると、SUVテイストの付加による機動性の向上だけではなく、ゴルフトゥーランにスポーツイメージを与える、スポーツミニバンの追加というニュアンスも込められているのかもしれない。

SUVでもオフロード系ではない

リヤビュー

ボディサイズは全長4405×全幅1800×全高1680mmで、ゴルフトゥーランよりも5mm幅広で、10mm高い。価格は348万円。ブラックの前後フェンダーやシルバールーフレールが標準


前置きが長くなったが、具体的には専用の前後バンパーやブラック化されたサイドスカート、ブラックサイドモールディング、ホイールハウスエクステンションなどを追加し、サスペンションもノーマルよりも10mm高められている。しかし、FFのみで4WDの設定はなく、「家族みんなでオフロードを走破する」三菱デリカD:5のようなキャラではない。

インテリアでは専用ファブリックシートなどのほかに、クルーズコントロールやパドルシフト、リヤビューカメラ付きのナビなどの人気装備も完備している。

次ページは走りについて