トリノの市内移動

torino2

市内交通が無料になるお得な「トリノ・ピエモンテカード」も上手に利用したい

トリノの中心地にある見どころは、約1平方キロメートル程度に集中しているため、ほとんど歩いて回ることができますが、市内交通を利用すれば、もっと便利に移動ができます。

トリノ市内は、GTT(トリノ交通グループ)が運営するバスやトラム、地下鉄が縦横無尽に走っています。チケットの種類には、多種多様あるのもトリノの特徴。チケットの種類を理解して、お得に観光しましょう。

チケットの種類とイタリア語名称

 
torino1

トリノ市内交通1回券

トリノ市内有効券urbano ウルバーノ (エコバスStar1/2 ナイトブースターを除く)
※ナイトブースターは下記参照
  • 1回券 Biglietto ordinario urbano 1.5ユーロ 最初の打刻から90分有効
  • ショッピング券 Shopping 3ユーロ 最初の打刻から4時間有効(ただし9~20時までの間)
トリノ市内+周辺有効券 urbano+suburban ウルバーノ+スブルバーノ
(エコバスStar1/2 ナイトブースターを含む)
  • 1回券 Biglietto ordinario urbano+suburbano 1.7ユーロ 最初の打刻から90分有効
  • 1日券 Giornaliero 5ユーロ 最初の打刻から24時間有効
  • 2日券 2 giorni 7.5ユーロ 最初の打刻から48時間有効
  • 3日券 3 giorni 10ユーロ 最初の打刻から72時間有効
  • 回数券Carnet 5回分 6.5ユーロ / 15回分 17.5ユーロ
上記チケットは、街のキオスク(新聞売店)やタバッキ(タバコ屋さん)などで購入できます。利用方法は、乗車する際に車内の打刻器にチケットを差し込んで打刻します。ただし、回数券はマイクロチップ方式のため、打刻器に近づけて認識させる方式となっています。

>>>バスの運行エリアと路線図(PDF)

ナイト・ブースターって?

週末の夜には、街の中心地は大渋滞が起きがち。駐車場の問題や排気ガスなど、それらの問題を避けるために始まった市内運行バス、ナイト・ブースター。旅行者も便利に利用が可能です。運行は、金・土・祝前日の真夜中のみ。真夜中の0時30分から朝5時までとなります。

>>>ナイト・ブースターの路線図

トリノの地下鉄

トリノでは、フェルミ駅からポルタ・スーザ駅、ポルタ・ヌォーバ駅を経由して、リンゴット駅までをつなぐ地下鉄が走っています。

運行時間は平日5時半(日・祝日7時)~月22時、火から木0時30分、金・土1時半、日・祝日1時まで。料金は、バス・トラムのチケットを利用できます。

>>>地下鉄の運行駅マップ

お得なトリノ・ピエモンテカードも見逃せない!

トリノ市内およびピエモンテ州全域で観光がお得になるトリノ・ピエモンテカード。ピエモンテ州内の180件の登録博物館・美術館・お城などの入場料が無料になる上、トリノ市内のバス・トラム・地下鉄、およびアントネッリアーナの塔の展望エレベーターなどが無料になります。サイトシーイングバス、空港―市内間のバスなども割引対象。トリノ観光では見逃せない観光カードです。

料金は、2日券25ユーロ 、3日券29ユーロ、 5日券34ユーロ、7日券37ユーロの4種類。ツーリストインフォメーションかオンラインで購入可能です。

>>>トリノ・ピエモンテカード お得な内容詳細(英語
>>>トリノ・ピエモンテカード 購入ページ(英語)
こちらのページからは、その他のお得なカードの購入も可能です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。