牛骨ダシの利いたスープが透明感のある麺をひきたてる

 

 

旅の終わり、帰りの電車まで時間がない……。でも最後に、名物が食べたい! そんな時は盛岡駅の駅ビルにある「寿々苑」で盛岡冷麺はいかがでしょう? 自家製の麺にスッキリとした牛骨のスープは絶品です。

盛岡冷麺とは、じゃじゃ麺、わんこそばと並び、「盛岡三大麺」と呼ばれるご当地グルメ。韓国冷麺のようにそば粉は使わず、小麦粉やデンプン、片栗粉などでもっちりとしたコシを出すのが特徴。それを牛骨などで作ったスープに入れ、キムチなどの辛味をトッピングします。「寿々苑」の冷麺は950円。キムチの辛さは小辛、大辛、特辛など6種類から選べますが、おすすめは辛味別。スープが美味しいので、まずはそのままの味で楽しんでから、辛さを加えていくのがベターです。

■寿々苑(じゅじゅえん)
住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44盛岡フェザン南館B1F
電話:019-652-7722
営業時間:10:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:不定休
アクセス:JR「盛岡駅」駅ビル内
URL:http://www.fesan-jp.com/fesan/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。