食事を超えたアミューズメント わんこそば

わんこそば

わんこそば

岩手県を訪れたら必ず食べてみたい名物の一つ「わんこそば」。「わんこ」とは岩手の方言で「お椀」を意味します。盛岡市内にはわんこそばの食べられるお店がいくつもありますが、こちらの東屋さんは中でも有名なお店。創業明治40年の老舗です。

店内に入ると、あちらこちらから「はい、じゃんじゃん!」「はい、ど~んどん!」というかけ声が賑やかに聞こえてきます。沢山のお客さんが、わんこそばに挑戦しているようす。

わんこそばのコースは2種類あります。お椀は重ねず、自分で数を数える2625円のコースと、お椀を食べた分だけ重ね、お給仕さんが数えてくれる3150円のコース。

やはり、高々と重ねられたお椀タワーを写真にもおさめたく、3150円のコースを頼みました。単調な味に飽きないよう、薬味も何種類も付いています。なめこおろし、とりそぼろ、胡麻など、味を変えて蕎麦を楽しむことが出来るので、飽きる事もありません。

お給仕さんが、横でニコニコと「じゃ~んじゃん!」「まだまだ」と、お蕎麦を足して下さいます。苦しくてもう食べられない! と思いながらも、お給仕さんの笑顔をみるとなんだか楽しくなってきます。

わんこそばは食事を超えて、アミューズメント。終始楽しくご飯を食べることが出来ます。食べ終えると証明書もいただけるので、盛岡の思い出にいかがでしょうか。

■そば処 東屋
・住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目8-3
・TEL:019-622-2252
・営業時間:11:00~20:00 
・定休日:年中無休
・HP:http://www.wankosoba-azumaya.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。