川や季節を愛でながら、ゆったり過ごせるカフェ

 

 

 

 

 

 

ふと通り過ぎたら、そこにカフェがあるとは気付かないような…そんな穴場的な場所に、カフェ「ふかくさ」があります。深い草…その名が示すとおり、青々とした蔦が小さな店の外壁を多い、まるで緑の扉を開けるような気持ちで、店内に足を踏み入れることになります。

■こぢんまりとした空間なのに、ゆったりリラックス
店内にはカウンターとほんの少しのテーブル席。10人入るのがやっと、というくらいのサイズです。常連さんがマスターと談笑する中、ちょっともじもじしながら入店すると、新参者の私にマスターは笑顔で対応してくれました。こういうお店は、一見さんにはそっけないと言うことも多いので、この笑顔で一気に救われます(笑)。

■サイフォンで淹れる美味なコーヒー
歴史を感じる店内には、さりげなく古いレコードジャケットが壁に飾られていたりして、とってもいい雰囲気。コーヒーは丁寧にサイフォンで淹れてくれます。コーヒーカップのセンスもとっても良くて、ああ、いい喫茶店だなぁと強く実感させられました。

■川を愛で、季節を愛でたい
店内から眺めることのできる風流な川、それは盛岡のシンボル「中津川」です。河原の風景は四季ごとに移り変わり、それぞれの良さを伝えてくれます。美味しいコーヒー片手に窓の外を流れる川を見ていると、時間がいくらあっても足りません。忙しい観光の合間に、ここで過ごす優雅なひとときは、旅の素敵なアクセントになることでしょう。近くには盛岡城址公園もあるので、散策中の一休みにもオススメです。


■ふかくさ
住所:盛岡市紺屋町1-2
電話:019-622-2353
営業時間:平日11:30~15:00、17:00~23:00/日・祝12:00~17:00
定休日:なし
アクセス:盛岡駅から徒歩25分弱、上盛岡駅から徒歩20分程度


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。