ヴェネツィアン・グラスの輝き 『ムラーノ島』

ヴェネツィアン・グラス

ヴェネツィアン・グラス

古代ローマ時代からヴェネツィアン・グラスの歴史は、繁栄と衰退を繰り返し、今日まで発展を続けてきました。高い装飾性と多彩な色模様が特色の華麗なヴェネツィアン・グラスは、時を越え国境を越えて人々を魅了し続けています。

ヴェネツィアの島の1つ、ムラーノ島がヴェネツィアン・グラスの産地。これはヴェネツィアのガラス工芸が13世紀に政府の保護管理化に入り、ガラス工芸に関わる職人たちをすべてムラーノ島へ強制移住させたことに始まります。

今でも島には多くの工房が店を構え、島を歩けばショーウィンドウに並んでいるヴェネツィアン・グラスの輝きで眩しいほどです。

ガラス製品はせっかく買っても家に持ち帰るまでに壊れたらという心配がありますが、ヴェネツィアン・グラスはしっかりと梱包してくれるので問題ありません。

※撮影者より許諾をいただいた写真を投稿しています。
撮影者:wiredtourist.com(1枚目)、Marco Polo Designs - Fine Glass Jewelry(2枚目)、Roxelo Babenco(3枚目)

※上記データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。