美しいマーブル紙のステーショナリー 「イル・パピロ」

 

 

17世紀フランスで考案されたパピエクブという伝統技法を用いてマーブル紙を制作する唯一の店。水と草木から成るクブという溶液の上に絵の具を垂らし、櫛や刷毛で作った模様を紙に転写するため、1つとして同じ物はありません。派手さはありませんが、飽きの来ない優しい風合いでデスク周りを彩ります。

現在フィレンツェ市内に6店舗、ヴェネツィアやローマなどイタリア各地にも支店があるイル・パピロですが、フィレンツェにある店舗には実演コーナーがあり、どのようにマーブル紙が作られるのか、実際に見ることができます。クブの上に落とされた絵の具があっという間に色鮮やかな模様になる様子はまるで手品を見ているよう。

実演されたものは翌日購入することが可能なので、フィレンツェに数日滞在する場合は早めの来店をお勧めします。

■お店データ
住所:Via de' Tavolini 13/R
TEL:+39 (0)55 213823
URL:http://www.ilpapirofirenze.it/

※撮影者より許諾をいただいた写真を投稿しています。
撮影者:currystrumpet

※上記データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。