世界中で拡大する糖尿病

「世界糖尿病デー実行委員会」のサイトによりますと、
糖尿病は今や世界の成人人口のおよそ5~6%となる、2億4600万人が抱える病気です。一般的に死に至る病気との認識は薄いですが、年間実に380万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡しています。これは世界のどこかで、10秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われている計算となり、AIDSによる死者に並ぶ数字です。このまま進むと、世界の糖尿病人口は、2025年には3億8000万人(2007年比64.7%増)に達することが予想されています。糖尿病患者の増加は特に発展途上国で顕著に見られ、経済成長、生活水準の向上、教育改善の大きな妨げとなっています。

とあります。

日本でも、男性の肥満は相変わらず3人に一人の割合ですし、糖尿病は年々増加の一途をたどり、平成19年の国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1,320万人を合わせると、全国に2,210万人いると推定されています。

11月14日は「世界糖尿病デー」

2006年に国連は、世界的な糖尿病の拡大にむけて、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養について啓発活動を推進することとなりました。

糖尿病食のポイントを簡単にあげますと、
  • バランスのとれた食事
  • 1日3食規則正しいリズムの食事
  • 野菜をたっぷり
  • 食品のエネルギー(カロリー)をチェック
  • 減塩・薄味
となりますが、食事だけでなく、運動や喫煙、睡眠、ストレスなどについても注意が必要です。糖尿病に関する情報について詳しくは、「糖尿病」のページをご参考になさってください。