キヤノン PowerShot S110 レビュー

PowerShot S110はその型番が現すように、PowerShot S100の後継機でPowerShot S90から数えて4代目となります。1/1.7型の比較的大きなCMOSではないイメージセンサを搭載した、高品位かつ高画質なデジタルカメラですが、その立ち位置には微妙な変化があるようです。
PowerShot S110 ボディ

PowerShot S110


かつてPowerShot Sシリーズはコンパクトながらもそこそこ大きめのイメージセンサと、ワイド端開放でF2.0というレンズを搭載した「高画質コンパクト」というコンセプトの製品でした。

PowerShot S110 レンズ

搭載しているレンズは伝統的にワイド端でF2.0と明るいレンズ

PowerShot S110も基本的なコンセプトは変わってはいません。1/1.7型の1330万画素CMOSイメージセンサと、ワイド端開放ではF2.0の5倍ズームレンズを搭載しています。また、画像の質自体もなかなかに高いものをキープしています。

 

かつての「高画質」は「中画質」……に?

DSC-RX100

DSC-RX100はやや大ぶりですが、かなりの高画質です(レビュー

ただ、昨今では1.0型のイメージセンサを搭載したソニーのDSC-RX100やフルサイズセンサーを搭載したDSC-RX1、1.5型という大きなイメージセンサを搭載したPowerShot G1X、APS-Cサイズのイメージセンサを搭載した富士フイルムのX100をはじめとしたXシリーズなど、「高画質」にふられたコンパクトデジタルカメラは複数存在しています。
それらの高画質をコンセプトとしたものと比べると、PowerShot S110のそれはやや弱いといわざるを得ません。

初代のPowerShot S90が発売された2009年頃は、充分に「高画質コンパクト」として売ることができていました。しかし2012年現在、その立ち位置は微妙なものになっているのです。
というわけで、前機種のPowerShot S100とはスペックとしては大きく異ならないものの、その製品としてのコンセプトには違いがあるようです。

そのあたりをメインにレビューしていくとしましょう。