奨学金にもいろいろあります。学費がかかるからと進学をあきらめる前に、奨学金の利用、特に最近増えている給付型奨学金に注目してみましょう。

学費は親子で捻出する時代

不況の影響や老後不安の高まりもあって、学費が家計の負担になるご家庭も増えてきています。進路選択の時期になって、急に学費が工面できないと親に言われて頭を抱える学生もいるようです。

今どきは、家計の節約法のひとつとして教育費も挙げられるようになっています。それを反映して、大学選びのポイントとして挙げられるのが、「安・近・公・奨」。内容としては次のようなポイントになっています。

奨学金

学びたいから……奨学金

安=あまり冒険をせず安全路線で狙う
近=自宅から通える近場の大学を狙う
公=国公立を狙う
奨=奨学金を利用する


もちろん、行きたい大学があればそこへ行かせてあげたいのは親の願いでもあるので、上記が絶対的なものではありません。選択の余地がある人であれば、上のようなポイントで選んだ方が節約につながるというものです。

少し前まで、大学生の学費も親が負担するという風潮がありましたが、親にとっては「ない袖は振れない」状況です。収入減、増税、年金減で老後不安が高まる中、親子が協力し合って学費を捻出する時代と言えます。すでに大学生の2人に1人は奨学金を利用していて、特別なことではなくなっています。

>>利用前の返済イメージが大事? 貸与奨学金の返済例を次のページでみてみましょう。