コロアン島の観光

聖フランシスコ・ザビエル教会

聖フランシスコ・ザビエル教会

聖フランシスコ・ザビエル教会内観 (c) Miyuki Kume

聖フランシスコ・ザビエル教会内観 (c) Miyuki Kume

日本人観光客に人気の高いコロアン島の観光名所といえば、コロアンビレッジの聖フランシスコ・ザビエル教会、そして石排灣郊野公園のマカオ・ジャイアントパンダ・パビリオンの2箇所でしょう。

聖フランシスコ・ザビエル教会は日本史の教科書にも登場するザビエルの遺骨が安置されていた場所。現在、遺骨は別の場所に移されていますが、ザビエルに関する様々な展示コーナーがあります。教会周辺は古き良きマカオの漁村の風情が残る街並みが保存されており、休日は記念撮影をする多くの観光客で賑わいます。

 

マカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン

マカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン

2011年に開業したマカオ・ジャイアントパンダ・パビリオンには現在2頭のジャイアントパンダ、オスのカイカイとメスのシンシンが飼育・展示されています。日本と違い、格安な入園料(10パタカ)、並ばずにゆっくり鑑賞できる、写真やビデオ撮影も可能とあって、癒し系の人気観光スポットになっています。

 

コロアン島へのアクセス

ハクサビーチ前のバスターミナル

ハクサビーチ前の黒沙海灘バスターミナル

マカオ最南端にあるコロアン島。遠いところにあるというイメージが強いですが、もともとマカオ自体が狭いため、実際にはそう遠い場所ではありません。

コロアンビレッジはコロアン島の交通の要衝

コロアンビレッジはコロアン島の交通の要衝

目的地がウェスティン・リゾートの場合、マカオフェリーターミナル発着のホテルの無料シャトルバスを利用できます。それ以外の場所へ向かう場合は路線バスかタクシーを利用する必要があります。

路線バスはマカオ半島からタイパ島、コタイ地区を経てコロアン島に至るコースで、路線も運行頻度も充実。タクシーでコロアン島へ向かう場合、マカオ半島から乗車で5パタカ、タイパ島から乗車で2パタカの追加料金がかかる点に注意。また、コロアン島で流しのタクシーをつかまえるのは困難のため、コロアン島からタクシー利用の場合はホテルやレストランで呼び出しを依頼するのがベター。タクシーを利用すればマカオ半島中心部からコロアンビレッジまで約20~30分、コタイ地区からなら10分ほどでアクセスできます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。