【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

2012年秋に誕生した「ザ・テラス・バイ・ザ・シー」

ハワイウエディングの醍醐味と言えば「海に向かって愛を誓えること!」ですよね。この9月にオープンしたばかりのウエディング会場、「ザ・テラス・バイ・ザ・シー」は海だけではなく、ワイキキの象徴とも言える、ダイヤモンドヘッドを目の前にお式ができることで話題です。

解説画像

ゴージャスな「テラス・バイ・ザ・シー」外観

オープンした週に視察させてもらったのですが、エントランスに到着した時からそのゴージャスな佇まいに驚きます。まるで迎賓館かのような立派な造りの会場は、写真撮影で人気の公園、カカアコウォータフロントパークの近くに位置します。

会場に入る前に「ナウパカの伝説」について説明を受けました。

ハワイには、ナウパカというお花にまつわる伝説があります。その昔、ナウパカという美しい姫は、カウイという青年と恋に落ちました。ふたりはお互いの環境や文化の違いから、引き離されてしまいます。
その後、ナウパカとカウイのお互いを深く愛する魂が、山と海で、それぞれ同じ半分の形の花となって現れました。その2つの花を合わせると1つの円の形となり、恋人たちの永遠の愛の象徴となっています。

解説画像

海側から見た建物のイメージ

「ザ・テラス・バイ・ザ・シー」では、この「ナウパカ伝説」にちなみ、建物からインテリア、ガーデンのいたるところに、そのモチーフを施しています。また2つのチャペルの名前も、この伝説から名付けられました。2つの花を重ねると、完璧な1つの円になるナウパカの花のように、それぞれの家庭で育ったおふたりが巡り合い「ザ・テラス・バイ・ザ・シー」のセレモニーで1つに結ばれます。
※以上、チャペル説明文より抜粋

いかがですか? とってもロマンティックな伝説ですよね、それでは、その伝説にちなんだチャペルを見学してみましょう。

ナウパカの伝説から生まれた2つのチャペル

解説画像

ハワイらしいカウイチャペルの内観

敷地内にはチャペルが2つ存在します。ハワイらしさを追求するふたりにおすすめは「カウイチャペル」。ハワイの自然や木のぬくもりを感じることのできる、洗練された大人の雰囲気が漂うチャペルです。

目の前にはダイヤモンドヘッドが広がって……。祭壇向こう、海に沿ったラナイに出て写真撮影も可能です。

●カウイチャペルDATA
□バージンロード:約12m(白)/幅1.8m
□収容人数:60名
□音楽:オルガン

解説画像

白亜で美しい内観のナウパカチャペル

もうひとつのチャペルの名は「ナウパカチャペル」。白亜の空間で、優しくガーリーな女性的な印象。かわいらしい挙式、ピンクやイエローなどパステルカラーのブーケが似合うイメージのチャペルです。

こちらも祭壇からはブルーの海と凜々しいダイヤモンドヘッドを見渡すことができます。

●ナウパカチャペルDATA
□バージンロード:約10m(白)/幅1.8m
□収容人数:40名
□音楽:オルガン

挙式後は美しいサンセットタイムにカカアコウォーターフロントパークでのフォトツアーへ出かけたいですね!
 

パーティ会場は全6室、すべてオーシャンビュー!

解説画像

ダイヤモンドヘッドを見渡して美味しいお料理に舌鼓を

この会場は挙式後にそのまま移動なく、敷地内でお料理が楽しめるようになっています。そう、バンケットルームを併設しているのです。大小さまざまな大きさのパーティ専用の個室は全6室完備。どのお部屋からも海を臨むことができるのが特徴。

また、お料理はザガットサーベイNY版のイタリアン部門で20年以上1位に君臨するイル・ムリーノニューヨーク本店で修行をし、東京店の総料理長を務めた経験のある早川寛シェフが担当。敷地内に「53 by the sea」というレストランもオープンしています。これが今、地元の人々に話題で予約が取りにくいと言われているほどの人気店。お料理が美味しいこと、間違いありません。

挙式からパーティまで、こだわりのウエディングシーンが叶う、真新しい「ザ・テラス・バイ・ザ・シー」。記念日に訪れて「53 by the sea」で思い出に浸りながらディナーをするのも素敵ですね!

興味のあるカップルは大手旅行代理店または、お近くのTAKAMI BRIDALカウンターへご相談ください。

TAKAMI BRIDAL
http://www.takami-bridal.com/overseas/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。