「うさぎって、何にも考えてなさそう」なんて言われますが、とんでもない!一緒に暮らしていると、彼らのひそかな秘密を知って驚いたり、行動にも訳があったんだと、感心させられたりします。そんなうさぎの秘密を6つ、お教えします。

ツンデレ

usagi4

えへっ!

うさぎの名前を「○○おいでー」と呼ぶと、解っているのに、わざとじらします。体をひねって背中を舐めながら(んー……忙しいの)と、一旦無視します。さらに呼んだり、おやつの袋をガサガサして音を出したりすると、一瞬チラッと見ますがまだ無視し続けます。じゃあもうやめようかな……と、思った絶妙なタイミングで、すっ飛んできます!!……ツンデレです。


かじる

うさぎの歯は伸び続けるので、常に硬いものを噛んで歯の伸びを抑えなければなりません。ですので、家の中の、壁や柱や壁紙、カーペット、コード、観葉植物など格好の餌食です。うさぎにしつけは効きません(理解しますが、人間の言う通り実行したりしないのです)ので、齧られて困るものは、サークルで囲う、コードは家具の後ろに通す、など、人間側で自衛してください。そんな異物を食べさせられたら、命に関わります。うさぎのまわりに危険なものは置かないでください。


賢い

人を見分けます。以前会った人、以前会ったうさぎを覚えています。特に家族に対しては、その家のご主人・奥さん・子供など、理解していて、接する態度がちゃんと違います。犬のような順位づけではないけれど、たとえば「ご主人は撫でるのが得意な人」「奥さんはごはんくれる、いつもそばにいてくれる人」「子供は仕方ないから遊んでやってるんだ」……と、ちゃんと認識しています。


>> まだまだあります! うさぎの秘密