ラビットフード(ペレット)

ペットショップでは、うさぎ用フードは、1種類や2種類でなく、何種類も並んでいます。さらに、ベビー用からシニアまで、はたまた、うさぎの種別によって分けられているものなど、いろいろ発売されています。海外のものを並べているショップもあります。

うさぎ市場が大きくなって、ひところより、うさぎについて研究が進み、うさぎも長寿になったことはとても喜ばしいことです。ペレットにキノコの成分を配合したものや、毛球症※予防の成分を配合したもの、乾燥野菜を混ぜたものなど、多種多様出ています。私は成分表示を見て、できるだけ繊維質の多いものを選ぶようにしていますが、時々、変えてみたり、何種か混ぜてみたりして、うさぎが味に飽きないような与え方をしています。

しかし、このラビットフード、うさぎにとって意外にも、主食ではありません。

※毛球症・・・抜け毛を飲み込み、胃で詰まってしまう症状


大切な牧草

うさぎの食べ物で、いちばん大切なのは「牧草」です。これも、ペットショップ(ネットショップにもたくさんあります)で、沢山の種類が売られています。健康なうさぎなら「チモシー1番刈り」という、比較的噛みごたえのあるものを、食べ放題にして与えるのが理想です。

 

usagi3

牧草大好き!

牧草にも、いろいろ種類があります。チモシー、オーツ、アルファルファなど、草の種類から、産地まで、収穫の時期によっても、味も食感も香りも違ってきます。ですので、いろいろ試して、自分のうさぎの好みを知ってください。硬めの一番刈りから、2番刈り、3番刈りと、刈る時期によって硬さも違いますので、これも知っておくと、老齢になった時など役立つ知識です(不正咬合※でないか動物病院で調べてもらってから、適切な硬さのものを与えてください)

また、時期にもよりますが、生の牧草が手に入れば、与えてください。自然の栄養が豊富に含まれていて、うさぎはとても喜びます。

牧草がなぜ、うさぎにとって大切かというと、牧草をよく噛む→歯の健康→腸内菌を整える、というふうに、うさぎの身体すべてに関わっているからです。極端に言うと、牧草と水だけでもいいくらいです。必ずこのふたつは切らさず与えてください。それほどに、牧草はうさぎにとって大切です。

※※不正咬合・・・歯並びや噛み合わせが悪く、正常に噛むことができない歯の状態


>> ラビットフード、牧草のほかは……?