会費制orワリカンのホームパーティなら……

「手ぶらでOK」と言われても、本当に何も持たずに行くのも落ち着かないし、場所を提供してくれたホストに感謝の気持ちを表したい。でも、あまりに金額が高いものだと、他の参加者ともバランスがとれなかったり、ホストにも気を遣わせてしまいかねないので、手軽なものを用意しましょう。

■お花

花

どこの駅にも一軒くらいお花屋さんはあるもの。手土産が用意ができずに困ったら、お花というのもアリ

お花もホームパーティに定番の手土産。ホストの手を煩わせず、そのままテーブルに飾れるような小さなブーケやアレンジメントがおすすめです。一人暮らしだと花瓶を持っていないこともよくあるので、水に差す必要があるなら、花器も一緒に用意するといいでしょう。

○おすすめサイト
イーフローラ…お届け先近くの花屋さんから、送料無料で花が送れる(該当しない地域もあります)。事前に注文しておけば、手土産の心配もなし。
 

ホームパーティの料理がわかっているなら……

■料理に合わせた薬味や調味料

オリーブオイル

料理に合わせてお取り寄せなどしてみる料理に合わせてお取り寄せするのもおすすめ。試してみたかった食材や調味料をみんなで語ってみるのも楽しいかも

ホームパーティに準備される料理がどんなものかわかっているのなら、それに合わせた食材を用意するのも気が利いています。例えば鍋パーティなら柚子こしょうや七味唐辛子などの薬味、イタリアンならバルサミコ酢やオリーブオイルとパンを合わせて用意するなど、用意してくれた料理をより美味しく食べれる一工夫はいかがでしょうか。


 

食べ物以外にするなら……

■季節のアイテム

ポインセチア

クリスマスシーズンには、ポインセチアのプレゼントも素敵。季節感のある手土産にはセンスを感じます

手土産というと、つい食べ物が多くなりがちですが、趣向を変えて、その季節に合わせたアイテムを持っていくのもおすすめです。例えばクリスマスなら、キャンドルやクリスマスソングのCDなど。ホームパーティの雰囲気をアップさせるのに一役買ってくれるかもしれません。

 


 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。