築15年目の浴室リフォームは洗面所と一緒にやっておく

築15年を過ぎると、浴室と隣り合う洗面所の床や壁の傷みも目立ち始める。

築15年を過ぎると、浴室と隣り合う洗面所の床や壁の傷みも目立ち始める。

築15年を過ぎると、浴室内の劣化やキズが目立つようになるだけでなく、隣り合う洗面所の床や壁の傷みも目立ち始めます。

今回は浴室だけ、次に洗面所だけと言うように、バラバラにリフォームをすると、二度手間になったり効率が下がるのはもちろん、家の中がツギハギになってしまうこともあります。

築15年を過ぎたら、浴室と洗面所はこの機会にまとめてリフォームしておきましょう。一緒にリフォームすれば効率がよくなり、さらに浴室と洗面所の安全性も高めやすくなります。

滑りにくい床材を選ぶ、床の段差は無くす、手すりを取り付けるのはもちろんのこと、冬に暖かくいられるよう暖房器具を付けるのも忘れずに。また出入り口は引き戸にしておくと更に安心です。安全で快適にリフォームするコツは下記で詳しくご紹介していますのであわせてご覧下さい。
■事故多発! 浴室リフォームで危険を回避

 

水まわりリフォームの時は、洗濯機の位置の見直しをするチャンス

水まわりのリフォームの時なら洗濯機の位置の移動や、お湯が出るようにしておくことも効率よくできる。

水まわりのリフォームの時なら洗濯機の位置の移動や、お湯が出るようにしておくことも効率よくできる。

洗面所に洗濯機がある家は、この機会に位置の見直しをしておきましょう。

水まわりのリフォームの時なら位置の移動はもちろん、混合水栓にして自由にお湯が使えるようにすることも比較的簡単です。

洗濯機の位置の見直しポイントは、洗濯物干しとの連携にあります。まずは室内干しスペースの確保をしておくこと、そして外に干す場合の移動経路も確認しておきましょう。

洗濯物を干す時は、濡れた洗濯物を持って移動するのですから、意外と大変なものです。年を取ればますます負担になりますので、移動の途中に段差を作らないプランを考えましょう。洗濯機→物干し場までの動線の考え方や段差の解消方法、室内干しスペースの作り方は下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
■気付いてる?水まわりバリア解消リフォーム
■洗濯物の部屋干しの悩み解消リフォーム

 

築15年目のリフォームはまとめて工事&コレカラの暮らしを快適便利に

窓を大きくすれば外壁の補修が必要になるので、外壁リフォームと一緒にやると効率アップ。

窓を大きくすれば外壁の補修が必要になるので、外壁リフォームと一緒にやると効率アップ。

家の傷み具合は一律に進むとは限りません。

例えば、洗面所の床は腐食しやすいので早めに張り替え、後になって廊下の床を重ね張りでリフォームしようとしたら床に段差ができてしまった!という失敗もあります。

水まわりを含めて関連のある工事はできるだけまとめてやるのがリフォームを成功させるポイントです。

他にも給湯器の交換は浴室リフォームの一緒の時にやっておくほうが効率がいいですし、窓の位置が変わるなら外壁の補修が必要ですので、外壁のリフォームと時期を合わせなど、絡み合う工事はできるだけまとめてやっておきましょう。

築15年目のリフォームではできるだけまとめて工事をする、そして設備の交換だけのリフォームから一歩進んでコレカラの暮らしが更に快適で便利になるようなプランを考えてみて下さい。

水まわりリフォームの時期の見極め、おトクなリフォーム方法、リフォーム前に要チェックなど、水まわりリフォーム成功の3セオリーは下記で詳しくご紹介しています。
■水まわりリフォームの3セオリー

 
【関連記事】
■対面キッチンのリフォームで失敗が多いワケ
■足場が必要なリフォーム! まとめればおトク
■家のライフサイクル表でリフォーム時期を見極める
■洗面所リフォームの3セオリー


Copyright(c)2012 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。