足場とは高所工事に必要な鋼管を組み立てた仮設の作業床のことです。外壁塗り替えではおなじみですが、他にも意外な工事で必要になることがあります。足場の費用は予想外にかさみますので、1回掛けたら最大限に活用して効率的なリフォームをしましょう。

足場の費用は?必ず掛けないといけないもの?

足場とは仮設工事の中の1つで、高所の工事をスムーズに進めるために一時的に設けるもの。

足場とは仮設工事の中の1つで、高所の工事をスムーズに進めるために一時的に設けるもの。

足場は仮設工事の1つで、外壁の塗り替えや屋根の葺き替え等、高所工事をスムーズに進めるため一時的に設けるものです。

足場の費用は家の形や大きさ、作業内容によっても変わりますが、一戸建ての場合20万円前後が目安です。

この価格は、足場の運搬費用や組み立て解体費用などを含むレンタル費用になります。

足場に関して多い質問が、「必ず掛けないといけないの?」というものです。費用は大きいですし、最後は無くなってしまうので、そのように思う人も多いことでしょう。

しかし高所のリフォームでは、足場は作業を安全に行うために必要なだけでなく、工事の品質、スピード効率を保つために必要なものです。足元が危ういまま作業をして、いい工事ができるはずもありません。また周囲にシートを掛けて、破片やペンキの飛沫を防ぐ役割もあります。

 

足場が必要なリフォームはまとめて!2回に分ければ費用も2倍

足場の価格は、足場材の減価償却費用+運搬費用や組み立て解体費用などを含むレンタル費用。

足場の価格は、足場材の減価償却費用+運搬費用や組み立て解体費用などを含むレンタル費用。

外壁の塗装リフォームの総費用が120万円なら、その中の約20万円が足場代と言うことになります。

足場は必ず必要と言っても、金額が大きいので、できる限り有効活用しないともったいない!と言うわけで、必要な工事は1回にまとめるのが、おトクにするコツです。

外壁塗装以外にも足場が必要となるリフォームは色々とあり、それらを分けて工事すると、費用も2倍掛かることになります。できるだけ、一回で済ませるようまとめて計画しましょう。

 

次のページでは、一緒にリフォームするとおトク!足場が必要なリフォーム工事のリストをご紹介します。