それでは、便利なしょうがパウダーを使った美容ドリンクをご紹介します。時間がない時にもすぐにできる時短レシピです!

しょうがはちみつ湯

undefined

はちみつの甘みの後に、しょうがの風味がピリリ

【材料】(1杯分)
・お湯……150ml
・しょうがパウダー……小さじ1/2杯
・はちみつ……大さじ1杯

【作り方】
(1)はちみつとしょうがパウダーをカップに入れ、お湯を注いで混ぜれば完成!

しょうがドリンクといえばしょうが紅茶が有名ですが、夜のリラックスタイムなどカフェインが気になる場合には、このしょうが湯がおすすめです。

レモン汁少々を加えればハニージンジャーレモネードに、お湯の代わりに温めた牛乳を使えばハニージンジャーミルクに早変わり! くず粉を加えてとろみをつけるのも、体がいっそう温まっておすすめです。


玉ねぎとしょうがのぽかぽかスープ

undefined

お好みでパセリを散らしても

【材料】(3~4人分)
水……600ml
固形コンソメ……2個
しょうがパウダー……小さじ1~2杯
玉ねぎ……1/2個
卵……1個
ごま油、塩、こしょう……適量

【作り方】
(1)玉ねぎは薄切りにします。温めた鍋にごま油を引き、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
(2)(1)に水600mlを入れ、沸騰したらコンソメ、しょうがパウダーを加えて溶かします。
(3)再び沸騰したら、溶き卵を少しずつ流し入れて軽くかき混ぜ、塩、こしょうで味を調えます。


玉ねぎや卵も、体を温める働きがある陽性の食材。玉ねぎの代わりに長ねぎを使ってもおいしくできます。

しょうがパウダーはスープや味噌汁に加えるだけでなく、豚肉のしょうが焼きや魚の煮付けといった料理にも使えるほか、クッキー生地やホットケーキミックスに混ぜてお菓子作りの材料としても使えます。

ただし、辛味が凝縮されているので、入れ過ぎには注意。はじめは少量ずつ加えて、お好みで味を調節してください。

なお、しょうがパウダーは手作りすることもできます。自分で作ってみたいという人はぜひ、下記の記事を参考にしてくださいね。

【参考記事】
身体を内側から温める、乾燥生姜パウダーの簡単レシピ

最強の温め食材、しょうがを上手に活用して、この冬こそつらい冷えとサヨナラしましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。