白米だけでなく、まぜ技が生きる「おかゆ」や「リゾット」もおすすめ!

シャープ・ヘルシオ炊飯器【KS-PX10A】

ごはん:甘みがあり、適度な歯ごたえとしっとりした食感がおいしい炊きあがり

それでは、いよいよ実食です!まずは、通常のご飯から。炊きあがりは好みがあるので、善し悪しはありませんが、他社の高性能炊飯器と比べて決して劣ることの無い炊きあがりです。「極上」炊きは、歯ごたえが残りつつ中までしっとりした感じで、柔らかさや粘りもちょうど良い食感。甘みがあり、意外というのも失礼ですが、なかなか美味しいと感じます。一方「早炊き」は芯がすこーし残る感じでした。どの炊飯器にも言えることですが、できれば「極上」または標準炊きがおすすめでしょう。


 
シャープ・ヘルシオ炊飯器【KS-PX10A】

おかゆ:ご飯粒の残り具合、柔らかさ、とろみ、ともに絶妙な仕上がり

発表会の会場でも美味しいという声が多く聞こえていた「おかゆ」ですが、確かにこれは絶品です。ガイドは、中華粥で試しましたが、ご飯粒の残り具合とその柔らかさ、とろみが絶妙な仕上がり!食べ盛りで、ガツンとした食べ応えが無いと不満なお年頃の我が家の高校生男子も、これは旨い~と大絶賛。大満足だったようです。「おかゆ」と「極美がゆ」という2つのモードがありますが、「極美がゆ」は「かいてんユニット」を使うことで給水を早くするため、30分程度ででき上がるのもポイント。本当にさっと美味しいお粥ができるので活用度が高くなりそうです。
 

 
シャープ・ヘルシオ炊飯器【KS-PX10A】

左上:具材を一気に入れたところ/右上:メニュー番号8を選択すると、調理時間20分とひょうじされます/左下:リゾットが炊きがったところ/右下:器に盛って完成♪

続きまして、洋風トライ。レシピブックに書いてある材料(米・トマト水煮・ベーコン・しめじ・顆粒コンソメ・塩・こしょう・ニンニク適宜)をまとめて入れてスイッチを押すだけでOK。蒸気口からイイ臭いが漂いだし、約20分ででき上がりました。早いっ! 20分とは思えない程良く柔らかな炊きあがりで、味もしっかり染みていて、本当においしくでき上がります。これなら、お料理初心者でも失敗知らずで安心です。

 
ごはん以外にも様々な調理メニューがあります。炊飯器で調理ができるのは決して珍しいことではありませんが、肉じゃがのような煮物の他、ホワイトソースやシチュー、スープパスタ、カスタードクリーム、つぶあんなど、定期的にかき混ぜる必要がある料理ができるのが、撹拌機能があるヘルシオならではの魅力だと感じました。


調理後のお手入れは、隅々までしっかりと

シャープ・ヘルシオ炊飯器【KS-PX10A】

調理後の回転ユニットはそれなりに汚れますので、しっかりお手入れが必要です

回転ユニットは、最後に羽根が格納されるので、カートリッジ全体に汚れがつきます。そのため、たとえ炊飯でも、毎回の洗浄は必須です。特に、トマト味のリゾットなど味付きの料理を作ったあとは、ややトマト臭が残ります。次の白米にほんのり臭いが残ってしまうということを避けるためにも、「かいてんユニット」はしっかり洗うこと!「かいてんユニット」取り外しは簡単です。両側のツメを外すと分解できるのでしっかり洗いましょう。また、内フタ・蒸気ユニットなど、外して洗えるものは、隅々までしっかり洗いましょう。

 

スタイリッシュでもやさしい印象のデザインが新鮮

シャープ・ヘルシオ炊飯器【KS-PX10A】

最近では珍しい丸い筒型が好印象!スタイリッシュなキッチンにも馴染みそうです

丸い筒型が印象に残るデザイン。ヘルメット型や角型が定番になりつつある最近の炊飯器の中では目立つデザインなのも、印象に残る要因でしょう。スッキリしたスタイリッシュさの中にも、かわいらしさが感じられ、とてもセンスがイイと感じます。上位モデル【KS-PX10A】のカラーは、ヘルシオカラーのレッド一色ですが、ひとつ下のモデルには、ホワイトも展開しています。オーブンレンジやスロージューサーと一緒に揃えると、キッチンに統一感が出ておしゃれにまとまりそうです。

 


調理も含めて使いこなせば、価格に見合った効果あり

大手量販店で7万5千円程度(2012.10時点)。炊飯器としては、高級炊飯器と同等の高額ゾーンに属します。最近の高性能炊飯器とは「ごはんを炊く」という一点に集中して炊きの技を究める傾向がありますが、この炊飯器はどちらかと言えば「その他の調理」機能が魅力的なタイプです。ということで、仮に炊飯だけが目的であればこの価格はちょっと高いかもしれませんが、お粥はじめ「まぜ技クッキング」を活用するなら、十分その価値がてでくると感じます。ガイド宅では、複数の炊飯器を所有していますが、ヘルシオ炊飯器は「炊飯調理器具」として活躍しそうです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。