橈骨神経麻痺とは

「橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)」とは難しい病名ですが、上肢にある橈骨神経に麻痺が生じる病態です。
橈骨神経麻痺・下垂手

橈骨神経麻痺による運動障害で下垂手という症状が出現します。

 

橈骨神経とは

腕神経叢から発生し上腕、前腕を枝を出しながら手に到達する神経です。
橈骨神経

橈骨神経の走行経路、前腕では手背側に位置します。

 

橈骨神経麻痺の分類

神経が障害される部位により症状が異なります。

■腋窩部橈骨神経麻痺
上腕三頭筋の麻痺が生じます。他の知覚障害、運動障害は他と同じです。ナイフなどの刺傷に伴い発生することがあります。

■高位麻痺
上腕外側部での麻痺で、腕橈骨筋麻痺、手関節の伸展障害、感覚障害が生じます。上腕骨骨折に伴う麻痺、睡眠時の圧迫、注射などが原因となります。

■低位麻痺(後骨間神経麻痺)
腕橈骨筋麻痺がなく、手関節の伸展は可能な状態ですが、伸展時に手関節が母指の方向に偏位します。ガングリオン、脱臼、軟部腫瘍などが原因となります。

 

橈骨神経麻痺の症状

症状として前腕、手の知覚麻痺があります。

知覚麻痺

         橈骨神経麻痺での知覚麻痺の範囲。


筋力低下は橈骨神経が障害される部位により異なります。筋力低下が進行すると、回復が難しくなりますので、早期の治療を受ける必要があります。

 

橈骨神経麻痺の原因

特に原因のない方もありますが、外傷、上腕骨骨折、睡眠中に上腕を枕のかわりにして長時間寝ていること、それ以外では注射、ガングリオン、軟部腫瘍、脱臼などさまざまな病態が原因となって発症することが多いです。
 

橈骨神経麻痺の診断

■ティネルサイン陽性
神経が圧迫されている部位を指や道具で叩くと障害されている部位に知覚異常が発生します。

■単純X線(レントゲン)
単純X線写真は放射線被爆量も少なく、費用もわずか。その場で撮影も終了し当日説明を受けられるので、整形外科では必ず施行します。過去の骨折の既往、骨腫瘍の有無を確認するなどのために必須の検査です。上腕骨骨折が橈骨神経麻痺の原因となっている場合にはレントゲンで診断がつきます。

■筋電図
まず知覚神経伝達速度を測定します。橈骨神経が圧迫されている部位より中枢の橈骨神経の速度とその部位より末梢の橈骨神経の速度を比較して、末梢の速度が低下していた場合、橈骨神経麻痺と診断します。このテストで障害された神経の部位が正確に診断されます。また、筋力低下がある場合、障害のある筋肉の筋電図に異常が出現します。
 

橈骨神経麻痺の治療・リハビリ

■安静
睡眠中の圧迫が問題であれば寝る姿勢を変えてみることで治癒が期待できます。

■鎮痛薬
痛みが強い場合、ボルタレン、ロキソニンなど非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAIDと省略されます)を用います。

ボルタレンは、1錠15.3円で1日3回食後に服用。副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融解症、脳血管障害、胃炎。

ロキソニンは、1錠22.3円で1日3回食後に服用。副作用はボルタレンと同様。

どちらの薬でも胃潰瘍を合併することがありますので、胃薬、抗潰瘍薬などと一緒に処方されます。5年間、10年間の長期服用で腎機能低下などの副作用がありますので、注意が必要。まれに血液透析が必要となる場合もあるので、漫然と長期投与を受けることはできる限り避けて下さい。

鎮痛薬の問題点は数ヶ月以上の服薬で胃腸症状、腎機能低下が高率に発生しますので、急性期を過ぎたら主治医と相談し、減量ないし休薬を考えましょう。

■神経再生薬
メチコバール ビタミンB12…障害された神経の修復を促進させる作用を持ちます。1錠21.1円で1日3回服用します。後発薬では5.6円のものが複数あります。4週間の服用で64%の改善率があります。副作用ですが、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、発疹などがあります。

■神経開放術
安静や投薬で改善しない橈骨神経麻痺に対して、時として神経開放が施行されます。ガングリオン、軟部腫瘍の場合、手術治療を早期に行うことで神経の再生が期待できます。

■橈骨神経麻痺のリハビリ
進行した橈骨神経麻痺では上腕、前腕、手の筋肉が萎縮してきます。この時期には手術を早期に受けることが必要ですが、衰える筋肉に対するリハビリが重要となります。手術の前後に上腕、前腕、手の屈曲進展の運動を繰り返し行います。それほど難しい作業ではないので、自宅でリハビリを続けることが可能。初期のリハビリ訓練を専門家から受けることが薦められます。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項