乳幼児ならキッチン付きのサービスアパートも便利

サービスアパート, サービスアパートメント

乳幼児連れの旅行に人気が高まっているのはキッチン付きのサービスアパートメント。ホテルよりも広くて少し安い

まだ卒乳前の乳幼児が一緒の場合は、お湯が沸かせて、電子レンジもあるサービスアパートの方が便利でしょう。特にバンコクには短期滞在も可能なサービスアパートがここ数年増加中で、部屋もホテルよりも広く、キッチン、洗濯などの施設が一通り揃っているため、小さい子ども連れの家族に人気です。

バスタブ付き、可動式シャワー付きホテル

小さい子どもをお風呂に入れるならできればお湯の貯められるバスタブ付き、そして可動式シャワーがついている方が便利です。

バンコクで4つ星クラス以上のホテルを選べばほとんどバスタブ付きのシャワーと可動式シャワーが付いています。しかし、最近は古いホテルを改築してできたデザイナーズホテルも増えしていて、そのような場合水回りは古いままなのでバスタブがない、ということも。シャワーが可動式でない場合もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

空調が寒すぎないホテル

子連れでなくてもタイのホテル選びでガイド自身も気になるポイントが、空調の調節ができるかどうか、ということ。

古いホテルの場合は空調設備が古いのか、細かい設定ができない場合も多く一旦クーラーを付けると「寒すぎる」ということもよくあります。

新しいホテルの場合はほとんどそのようなこともないのですが、念のため、小さい子どもが空調で風邪をひいてしまわないように、長袖、長ズボンのパジャマやスリーパーを持って行くと良いでしょう。

広いプール付きのホテル

バンコクのホテル, プール

観光、ショッピングだけでなく、子どもと一緒ならプールでのんびり過ごすという楽しみ方もあり

ビーチリゾートだけでなく、バンコクなどの都市に滞在する場合も、子どもが楽しめる施設としてプールがあるのはホテル選びの重要なポイント。タイのホテルはたいてい広いプールが併設されているのですが、中には狭くて深いプールしかないというホテルも。ホテルのサイトなどを見て、プールの広さなどを事前に確認しておくことをおすすめします。

アーリーチェックインができるホテル

最近では羽田空港から深夜便のフライトも増え、早朝バンコクに到着、ということも増えてきました。ホテル付きのツアーに参加していれば問題ないのですが、ホテルを個人手配している場合は必ず「アーリーチェックインができるかどうか」ということを事前にホテルに確認してください。

事前に確認・依頼してあっても、実際ホテルに行くと部屋が用意されていなかった、というケースも時々あるようです。このような場合に備えて、アーリーチェックインを依頼したときの担当者の名前入りメール(ホテルからの返事も含む)をプリントアウトして持って行った方が確実です。

キッズプログラムが充実しているホテル

ホテル, タイのホテル, 子連れ, 託児所

子ども専用のプールや遊び場、託児所が充実しているホテルも増えてきている

残念ながらバンコク市内のホテルでキッズプログラムが充実しているホテルは非常に少ないのですが、ビーチリゾートなどの観光都市は、小さな子どもから高校生くらいの子どもまで参加できるプログラムが充実しているホテルもあります。

中には子ども向けの浅いプールに託児所、室内の子ども向けおもちゃルームなどの施設まで併設されているところも。

利用や参加には事前予約が必要なホテルもあるので、予約の際に詳細を問い合わせてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。