子連れタイ旅行のホテル選び

タイ, 子連れ旅行

大人同士の旅行よりも旅の快適さを左右する子連れ旅行のホテル選び。慎重に選びたいもの

何度もタイ旅行の経験がある人でも、子どもと行くとなるといろいろと不安になるもの。特に子連れ旅行を快適に過ごせるかどうかのポイントになるのが「ホテル選び」。大人同士の旅行よりも、お昼寝や食事、お風呂などホテル内で過ごすことが子連れの方が多い分、ホテル選びは慎重に行いたいものです。「子連れタイ旅行は快適だった!また来たい!」と思えるホテルを見つけられるべく、ポイントをまとめました。

公共交通機関の駅が近いホテル

BTS直結, バンコクのホテル

とにかくBTSの駅が近い(または直結している)ホテルがおすすめ!

バンコク以外の、移動は基本的にタクシーやトゥクトゥクのところでは別ですが、バンコクの場合は大きなポイントとなります。

バンコク市内にももちろんタクシー、トゥクトゥクなど希望の場所までダイレクトで行ってくれる移動手段もありますが、忘れてはならないのが「渋滞」。バンコク市内の渋滞はまだ信号システムが発達していないこともあり、一度はまってしまうと何十分も全く動かない、ということも。狭いタクシーの中、子どもと一緒に長時間過ごすのは大変なので、やはり渋滞の時間帯にはBTS(スカイトレイン)や地下鉄を上手に利用して移動したほうがスムーズです。

バンコクの道路は日本のように舗装されていない場合も多く小さな子どもを歩かせるには危ないと感じることもあるので、できるだけ駅から徒歩3~5分圏内のホテルが良いでしょう。

さらに言うと、地下鉄よりもショッピングエリアやグルメエリアに路線が充実しているのはBTSなので、BTSの駅から近いホテルがおすすめ。BTSの駅からコンコースで直結しているホテルもあるので、個人的にはこのような駅直結型ホテルがベストだと考えています(それほど、バンコクの道路は子どもにとっては歩きづらいということです)。

近くに外国人向けスーパーのあるホテル

バンコクのホテル, スーパー

子連れ旅行だと何かと必要になるモノが出てくるのでスーパーが近いと心強い

日本からオムツやおしりふき、ミルクなど必要なものを一式持って行くことになるとは思いますが、何か突然必要なものが出てくるのも子連れ旅行ならでは。

そんな時、ホテルの近くに外国人向けスーパーがあるととても助かります。コンビニやローカル向けスーパーの場合、商品が地元のタイ人向けなので、イマイチ何を買えば良いのかわからなくなってしまうことも。バンコクは観光客に加え、仕事などで駐在している外国人の数もとても多い国際都市。日本以上に外国人向け商品を扱うスーパーも多いのです。

中には日本の食べ物(インスタント食品やおかしなど)の品揃えも豊富なスーパーもあるので、外国製の食品の味に不安を感じる人には助かります。

バンコクのスーパーマーケット」記事内で紹介している「高級スーパー」または日本の食材専門の「UFMフジスーパー」であれば品揃えもよく安心です。