保存容器の選び方

保存容器

保存容器

耐熱ガラスの保存容器はレンジ使用可、保存容器で調理をして、そのまま保存、ついでにテーブルウェアにもなります。琺瑯のものはレンジ不可ですが、直火やオーブン可能。こちらもそのままテーブルウェアまでOKです。よって、保存容器は調理器具、テーブルウェア視点で気に入ったものを買うのもおすすめです。

それから、プラスティックのものは軽くて、積み重ねても中身が分かるので便利です。重ねて収納できるものを選べば、保管時もスペースをとりません。保存容器はタイプの違うものをいくつか持ち、上手に使い分けるのがポイントです。

■おすすめ
Luminarc(リュミナルク)、野田琺瑯タッパーウェアなど、キッチングッズ専門店やWEBで取り扱い

保存袋の選び方

チャック付き保存袋は冷凍用と保存用があります。必要に応じて使い分けましょう。また、下味をつける際には、調理器具としての役目も担ってくれます。ただ、粉をまぶしたり、衣をつけたりするには、普通のビニール袋で十分です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。