ミラノの美術館・博物館

ミラノの街で、見学できる芸術品の代表といえば、世界遺産のサンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会に収蔵されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ作の最後の晩餐」。そのほか、ミラノの街にゆかりのある美術品を飾る美術館や博物館は、数多くあります。中でも人気の高い美術館・博物館をご紹介します。

>>>ミラノの世界遺産レオナルド・ダヴィンチの最後の晩餐

ブレラ絵画館 

milano museo1

お洒落なブレラ地区にある絵画館

17世紀に建てられた教会施設だったところを、1776年に「美術アカデミー」に改築。以降、収集された美術品は、1882年に国立美術館として開館してから一般に公開されています。イタリア中世・ルネッサンス期の作品を多く集めた美術館で、特に、ラファエロの「聖母の婚礼」、ピエロ・デッラ・フランチェスカの「ウルビーノ公」、アンドレア・マンテーニャの「死せるキリスト」など、貴重な名画の数々を収蔵しています。

<DATA>
Pinacoteca di Brera
住所:Via Brera, 28
TEL:+39-02―7226-3264
開館:火~日曜 8:30~19:15 (チケット売り場 18:40閉店)  
閉館:月曜 1月1日・5月1日・12月25日
料金:6ユーロ 
アクセス:地下鉄2番線ランツァ駅、もしくは、3番線モンテナポレオーネ駅下車

 

スフォルツェスコ城・美術館

milano museo2

裏手に広がるセンピオーネ公園は、ミラネーゼの憩いの場

ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築し、1466年に完成したお城。内部は市立博物館になっており、ミケランジェロが死の数日前まで制作していた「ロンダニーニのピエタ」(未完)が展示されています。

<DATA>
Castello Sforzesco
住所:Piazza Castello
TEL:+39 02-8846 3704
開館:月~金曜9:30~17:30、土曜~17:00、日曜・祝日13:30~15:30  
閉館:ミサの時間は休館
料金:スフォルツェスコ城:入場無料
スフォルツェスコ城博物館:5.5ユーロ
アクセス:地下鉄1番線カイローリ/2番線ランツァ下車 

 

ドゥオモ美術館

ミラノの象徴ドゥオモの内部に併設された美術館。ステンドグラスやタペストリーをはじめ、法衣などが展示されています。ドゥオモを隅から隅まで、じっくり見学したい人向け。

<DATA>
Museo del Duomo
住所:Piazza Duomo 14 
TEL:+39-02.860.358
開館:月~金曜9:30 ~17:30、土曜~17:00、日曜・祝日13:30~15:30  
閉館:ミサの時間は休館
料金:2ユーロ 
アクセス:地下鉄1番線/3番線 ドゥオモ駅下車

スカラ座博物館

milano museo3

ドゥオモ至近にあるオペラの殿堂

世界的に重要な位置にあるオペラの殿堂スカラ座。最高峰のアーティストたちによる講演を一度は見学してみたいものですが、もし、タイミングが合わない……なんて場合には、スカラ座博物館の見学だけでもいかがでしょう?

2004年11月のスカラ座大改修完了後、博物館も再オープン。ステージ衣装やポスター、ヴェルディやプッチーニなど名作曲家たちやオペラ歌手などのゆかりのあるコレクションが展示されています。

<DATA>
Museo Teatrale alla Scala
住所:Largo Ghiringhelli 1 (Piazza Scala) 
TEL:+39-02-8879-7473
開館:9:00~12:30  13:30~17:30 (最終入館はそれぞれ30分前) 
閉館:12月7・24(午後)・25・26・31(午後)、1月1日、イースター、5月1日、8月15日
料金:6ユーロ 
アクセス:地下鉄1番線/3番線 ドゥオモ駅下車

国立レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館

milano museo4

貴重なダ・ヴィンチの発明品も展示

レオナルド・ダ・ヴィンチが発明した器具やデザインの展示が興味深い博物館。飛行機や鉄道など、工業の発展の歴史を見ることができます。アートなデザインのグッズが購入できるショップもおススメ。

<DATA>
Museo Nazionale della Scienza e della Tecnica Leonardo da Vinci
住所:Via S.Vittore 21 
TEL:02-48555339
開館:火~金曜9:30~17:00、土・日曜9:30~18:30  
閉館:祝日でない月曜、12月24・25日、1月1日
料金:10ユーロ
アクセス:地下鉄2号線サンタンブロージョ駅下車


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。