毎日激務な仕事でイライラする、毎月生理痛がひどい、なぜか良く眠れない…。一見よくある体調不良ですが、もしかすると更年期障害という可能性も。「まだ20代だから大丈夫」「更年期って50歳ぐらいの話でしょ?」と油断は禁物です。最近では、20代~30代の若い女性がかかる若年性更年期障害が増えています。


エストロゲンの減少で起こる更年期障害

そもそも更年期障害とは、どんなメカニズムで発症するのでしょうか? 個人差はありますが、女性の卵巣の働きは30歳をピークに衰え始め、40歳前後になると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの量は急激に減少していきます。

月経が不規則になり卵巣機能が停止し閉経する45歳~55歳くらいまでの約10年がいわゆる更年期です。その間、ホルモン量の変化に身体が慣れずさまざまな不快な症状が出て、快適な日常生活が送れなくなることを更年期障害といいます。


若年性更年期障害の原因

ストレスや生活習慣の乱れなどから影響を受け卵巣機能の働きが低下し、更年期に似た症状になるのが若年性更年期障害です。20~30代の若い女性にも更年期障害が増えているのは、女性が男性と同じように責任のある仕事をこなしたり、重度のストレスを抱えたり、不規則な生活を過ごしていることが原因と言われています。


自分できる若年性更年期障害チェック

気づかずにそのまま放っておくと、不妊の原因につながる恐れもあります。結婚・出産を希望する女性は、気になる症状があれば早めに受診してみてくださいね。
その不調、もしかして若年性更年期障害かも?

その不調、もしかして若年性更年期障害かも?


・月経不順が続く
・身体がだるい、疲れやすい
・寝つき悪い、眠りが浅い
・腰や手足が冷える
・動悸、息切れがある
・小さな事でイライラする
・顔がほてる
・汗をかきやすい
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などが起こる事が多い
・肩こり、腰痛、手足の腫れや痛みがある


若年性更年期障害を緩和するために

ストレスをため込まないことが1番です。自分なりのストレス解消法を見出し解消していくようにしましょう。日頃からアロマやハーブティーを取り入れるなどしてリラックスできる方法を考案してみるのもいいかもしれませんね。
心身ともにリラックスするのが1番!

心身ともにリラックスするのが1番!


これに加え、生活習慣を見直して改善していくことも大切です。十分な睡眠を取り、下半身や体を冷やさないこと。無理なダイエットを避け、大豆イソフラボンやミネラルなどのバランスの良い食事をすること。これらの良い生活習慣は、女性ホルモン機能回復に限らず健康にも必要なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。