メールの流れを覚える

ビジネスでのメールにおいては、覚えておくと良いルールがあります。文書のように拝啓から始まる必要はありません。

【メールの流れ】
宛先:○○会社 △△ 様
挨拶:お世話になっております/はじめてご連絡いたします。
名乗る:オールアバウトの宮田と申します。
お礼:このたびはご連絡をいただきありがとうございました。
本文:○○の件につきまして~
結び:宜しくお願いいたします。/ご連絡をお待ちしております。
署名:名前、メール、携帯電話などの連絡先

このメールの流れは、案件内容は違っていても、ほとんどのメールで使用ができますので、メールの書き方に自信がない方は、ぜひ覚えてください。

署名をみれば、自分の連絡先が一目瞭然になるように。アカウント別に使い分けることもオススメです。

署名をみれば、自分の連絡先が一目瞭然になるように。アカウント別に使い分けることもオススメです。

また、署名は大袈裟に言えば、次の仕事がくるかこないかを握る大切なポイントともいえます。以下がポイントになります。

・署名には必ず連絡がつきやすい番号を入れる。
急に依頼したい案件が入ったときに、名刺よりも先にメールでの署名から連絡が入ります。仕事のやりとりはメールが主だとしても、まずは電話で仕事を請けてもらえるかを確認する場合もありますので、すぐに自分が対応できる電話番号を書いてください。

・長いバージョンと短いバージョンを使いわける
名前、住所、電話番号、FAX、メール、ホームページと、毎回何段にも分かれた署名を使用するのがイヤな場合は、短いバージョンを作っておくと便利です。私も同じ案件名で二度目のやりとりからは、名前、メール、連絡先のみの署名を使用しています。

・FacebookやTwitterのアカウントはさりげなく
仕事用にFacebookなどのアカウントを作成しているのであれば、署名に掲載しても問題ないと思います。ただし、プライベート限定で楽しんであれば、掲載は不要。クライアントに友だち申請をされても構わない場合のみ、さりげなく署名に入れることをオススメします。

こんなネガティブメールはイヤだ